オリーブ茶飲み比べ

今日は小豆島に行ったときに購入したオリーブ茶を飲み比べてみます。

左は福井県のメーカーが小豆島のオリーブを使って作った茶、右は小豆島のメーカーが作ったオリーブ茶です。どちらも小豆島で購入しました。

味は全然違います。
左のオリーブ茶は麦茶っぽい味がして、右は野草をそのまま煎じた味がします。
見た目の違いはあまり感じられませんでしたが、味の方向性が随分違うのが面白いですね。

オリーブサイダーカクテル その2

今日もオリーブサイダーを使ったカクテルを考えてみます。

シャルトリューズの緑。小豆島に行ったとき、オリーブと共にハーブも多くあったので薬草系のお酒をチョイス。アルコール度数が強いので20ml注ぎます。オリーブサイダーはその5倍、100ml注げば出来上がり!

オリーブのイメージの緑色、ハーブのイメージもあるオリーブのカクテルとしてこれもアリですね。

オリーブサイダーカクテル その1

今日はオリーブサイダーを使ったカクテルを作ります。

オリーブサイダーはフルーティーな味わいですのでシロックを使います。
シロック30ml、オリーブサイダーを90ml、1/8カットレモンを絞り入れれば完成です。

爽やか甘めのカクテルとしていいですね。

梨園カクテル

今日はなしのお酒「梨園」を使って何かカクテルを作ってみます。

まず梨園を30mlに焙じ茶ソーダを60ml注いで味をみると、薄い。
そこで梨園を30ml足してみると今度は若干梨園が強い。

1/8カットレモンを軽く絞り入れるとバランスは良くなりました。
梨園の味を楽しむのであればこれくらいがいいのではないでしょうか。

ちょっと梨園の量を減らして二杯目を作ってみます。
梨園45ml、焙じ茶ソーダ60ml、1/8カットレモンを軽く絞り入れたものをステア。
梨園の味は前に出なくなりましたが、さっぱりと飲みやすくなりました。
これもいいですね。

Tamarind Cocktail 4(タマリンドジュース+ブランデー)

今日はタマリンドジュースを使ってカクテルを作ります。

ブランデー30ml、タマリンドジュースを90ml、1/8カットライムを絞り入れます。

少し甘めのカクテルで普通に飲みやすいですね。タマリンドジュースは結構いろいろ合わせられますね。

Tamarind Cocktail 3(タマリンドジュース+ジン)

今日はタマリンドジュースを使ってカクテルを作ります。

ジントニックにタマリンドジュースを加えると良いというのをネットで発見しましたので早速やってみます。ジンを30ml、タマリンドジュースを45ml、トニックを45ml、1/8カットライムを絞り入れます。

ジントニックが好きな人はこちらもオススメです。美味しい!

Tamarind Cocktail 2(タマリンドジュース+テキーラ)

今日はタマリンドジュースを使ってカクテルを作ります。

タマリンドジュースはテキーラトの相性が良いそうなのでテキーラベースで作って見ましょう。テキーラを30ml、タマリンドジュースを45ml、ジンジャーエールを45ml、1/8カットライムを絞り入れます。

非常に飲みやすいです。ジンジャーエールの代わりにソーダでもいいかもしれませんね。

Tamarind Cocktail 1(タマリンドジュース+ウイスキー)

今日はタマリンドジュースを使ってカクテルを作ります。

海外ではウイスキーサワーにして飲むカクテルが多いそうなのでそれっぽいものにチャレンジしましょう。バーボンを30ml、1/8カットライムを絞り入れてタマリンドジュースを90ml注ぎます。

甘さが美味しいですね。ちょっとソーダを加えてもまた美味しいでしょう。

Tamarind Hojicha Soda(タマリンド焙じ茶ソーダ)

今日は珍しいジュースを手に入れたのでノンアルコールカクテルを作ってみます。

タマリンドジュース。南国にあるフルーツのようなトロピカルな味がする、タイではメジャーなフルーツだそうです。

桃のような風味も感じられたので、焙じ茶ソーダとタマリンドジュースを1:1で混ぜてみましょう。

焙じ茶の風味とタマリンドの甘さ、そして微炭酸がとても夏に合う味わいですね。
美味しい!

玉露日本茶だし

今日は玉露を日本茶で淹れてみましょう。

玉露は低温でじっくり出すのが美味しく淹れるコツですから、常温の日本酒でも大丈夫です。

玉露に浸るくらい日本酒を注ぎ、お茶の葉が開いてきたら器に注ぎます。

いろんな日本酒で試してみたいですね。