DRYCK JULMUST

今日はIKEAに売ってあったジュースを使ってカクテルを作ってみます。

15356

「DRYCK JULMUST-swedish festive drink」と書かれています。ラベルもクリスマスっぽく、いい感じですね。味はは甘みが若干抑えられたコーラのような炭酸飲料です。

15357

まずベースのお酒を30ml、氷をいれたグラスに注ぎます。

15358

Swedish festivedrinkを120ml。

15359

1/8カットライムのジュースを絞ります。
このベースをキャプテン・モルガン、マリブ、ストーンズ、ピーチリキュールに変えてどれが一番美味しいかを調べてみます。

15360

多少甘くてもいいのであればマリブですね。とにかく飲みやすい。
ストーンズはジンジャーの辛味が癖になりますね。美味しい。
キャプテンモルガンはお酒感はありますがこれも飲みやすいです。
ピーチリキュールだけちょっと甘すぎて厳しかったですね。

うん、なかなかカクテルの割り材としてこのイケアのスウェーディッシュ・フェスティバル・ドリンクはいけますね。

2016/11/13 コーヒーイベント用カクテルレシピ

Cafe Base Martini(カフェ・ベース・マティーニ)

 ウォッカ(アブソルートウォッカ)3/4 oz.
 カフェベース(ロクメイコーヒー・無糖)3/4 oz.
 ホワイトカカオ(ボルス)1/4 oz.
 シンプルシロップ1/4 oz.

 シェークしてカクテルグラスに注ぐ

15263

Irich(アイリッチ)
 3人分
 アイリッシュウイスキー(ブッシュミルズ) 60ml.
 コーヒー(ロクメイコーヒー・マンデリン) 240ml.
 クックゼラチン 1袋(5g.)
 上白糖 24g.
 冷蔵庫で冷やし、グラスに入れる。
 コーヒー(ロクメイコーヒー・マンデリン) 15ml.
 ホイップした生クリーム(甘さは8%) 適量

コーヒーイベント用カクテルを考える②

今日もコーヒーカクテルイベントで作るカクテルの研究です。
コーヒーリキッドっていうんでしょうか。牛乳や水で割るコーヒーを使ってみます。

15256

まずはシェーカーにウォッカを注ぎます。

15257

コーヒーリキッドを注ぎます。
これは無糖なので後で甘さを足す必要があります。

15258

ホワイトカカオで風味付けを。

15259

シロップで甘さを足し、バランスを整えます。

15260

シェークして、カクテルグラスなどに注ぎます。

15261

分量を変えてみたり、シロップをフレーバーのものにしてみたりして落としどころを探します。
ちなみに1回目…水っぽく、甘みが少ない。2回目…甘すぎる。コーヒー感が無い。3回目…甘さはいいけど、量が飲めない。4回目…少し甘さが前に出ている。と、このように感想が変わってきていますが、徐々に狙い通りに近づいてきています。

コーヒーイベント用カクテルを作る① その2

3時間では固まりきらなかったのでもう少し冷蔵庫に入れておきました。
気がつけば12時間。もういいでしょう。

15251

氷を入れたグラスにゼリーを潰しながら入れます。

15252

そのままだと飲みにくいのでゼリーに使わなかった、余ったコーヒーを少し注ぎます。

15253

上からホイップさせたクリームをのせると完成です。
クリームは一般的な甘さにしています。

15254

砂糖の種類の違いはそんなに感じませんでした。グラニュー糖より上白糖、和三盆の方が若干甘さを感じた気がします。ただ、ゼリーの甘みがもっと無いとダメですね。これからもう一度砂糖の量を増やして調節して、うん、これでOK!
作り方を若干変更して飲みやすさを上げ、2016/11/13イベント当日に備えます。

コーヒーイベント用カクテルを考える①

今日はコーヒーイベント用に作るカクテルの研究です。
「飲むゼリー」の形をしたアイリッシュコーヒーを作るイメージです。

15244

コーヒーはマンデリンを使います。

15245

ある程度深炒りの方がアイリッシュコーヒーのイメージに合う気がする。
それだけの理由です。気持ち濃い目に淹れています。

15246

粉ゼラチンを入れて、

15247

砂糖を入れます。

15248

今回、アイリッシュウイスキーも入れた状態でゼリーにしてみます。
砂糖の種類と量でどれがベストなのかをまずは調べてみます。

15249

冷蔵庫に入れて3時間。
さて、どんな感じになるのでしょうか。

スクリュードライバーゼリー

先日作ったウォッカのゼリーで何か作ってみましょう。

15057

簡単なところではオレンジジュースで割るスクリュードライバーがあります。
せっかくなのでカットオレンジで作ってみます。

15058

グラスにカットしたオレンジを入れて、

15059

ウォッカのゼリーを入れます。

15060

オレンジ丸々一つ分使いました。
スプーンを添えて出すと、ちょっとしたサプライズになるんじゃないでしょうか。

Black Sambuca Tonic(ブラックサンブーカトニック)

ブラックサンブーカのトニック割りを作ります。

11935

ブラックサンブーカを30ml、トニックを90ml。1/8カットライムを絞り入れて完成。

11936

サンブーカトニックと味はそんなに違いがないのでサンブーカトニックに慣れてきたらこちらもどうぞ。
見た目が黒いので注目度はありますね。