小豆+梅ひと雫ジンジャーエール

今日もJAわかやまの梅ひと雫ジンジャーエールを使って何かカクテルを作ってみましょう。

11916

小豆のリキュールをベースに。

11917

梅ひと雫ジンジャーエールで割ります。
カットライムも絞りましょう。

11918

これ、リポビタンDですよ、味は。
びっくり!

栗+梅ひと雫ジンジャーエール

今日もJAわかやまの梅ひと雫ジンジャーエールを使って何かカクテルを作ってみましょう。

11912

秋らしく、栗のリキュールを使ってみましょう。

11913

梅ひと雫ジンジャーエールで割りましょう。
カットライムを絞ります。

11914

ウエハースのような風味がします。
ソーダ系よりもミルク系で割ったほうがいいのかも。

シャルトリューズイエロー+梅ひと雫ジンジャーエール

今日もJAわかやまの梅ひと雫ジンジャーエールを使って何かカクテルを作ってみましょう。

11908

シャルトリューズ(イエロー)を注ぎます。

11909

梅ひと雫ジンジャーエールで割り、カットライムを絞ります。

11910

シャルトリューズ独特の風味で飲みやすくなっています。
薬草系カクテル、スーズモーニなど飲んでいる人にオススメできますね。

アペロール+梅ひと雫ジンジャーエール

今日もJAわかやまの梅ひと雫ジンジャーエールを使って何かカクテルを作ってみましょう。

11904

アペロールを注ぎます。

11905

梅ひと雫ジンジャー-エールで割れば出来上がり。
カットライムを絞っておきましょう。

11906

色がきれいですね。
不味くはないですが、もう一ひねりした方がいいかな。

STONE’S+梅ひと雫ジンジャーエール

今日もJAわかやまの梅ひと雫ジンジャーエールを使って何かカクテルを作ってみましょう。

11900

まずはベースのストーンズを。

11901

梅ひと雫ジンジャーエールを注ぎます。
カットライムを絞り入れます。

11902

梅の味がはっきり分かります。ベルモットっぽい味ですね。
飲みやすいので、万人受けしそうですね。

GinTonic

最近、”ちょっとしたショー”としてカクテルを作るフレアを考えています。
普通のショーほど本格的でなく、でもカクテルメイキングが主でもないくらいのラインはどこにあるのか?模索中です。

抹茶ウォッカリッキー

今日も超微細粉末茶葉を使ってカクテルを。

11864

風味を感じられるように多めに。スプーンは小さいですが、4杯グラスに入れました。

11865

ウオッカを注ぎ、ライムジュースを注ぎ、

11866

ソーダで割る。ウォッカリッキーですね。

11867

ウォッカだとお茶の風味がそのまま残るかと予想してましたが、意外にあっさりしていました。
風味を足すならインフュージョンで、色付けや最後の振りかける系の飾りが意外にいいと思います。

抹茶ジントニック

粒度が非常に細かいお茶(超微細粉末茶葉)っていうのがが最近あります。
今日はこれを使ってスタンダードカクテルにお茶の風味を足してみましょう。

11859

グラスにお茶を入れて、ジンを注ぎます。

11860

良く混ぜて溶かします。

11861

氷を入れて、ライムを絞り、トニックを注げば完成です。

11862

お茶の量で色や味が変わりますのでお好みで調節するといいですね。
なかなか面白いです。

Orangina with grenadine syrup

今日は「赤いやつ」を作ります。

11823

赤でとこにでもあるものと言えばグレナディンシロップでしょう。

11824

オランジーナで割れば完成です。

11825

グレナディンは色付けとして使う程度の量にしておくのがポイントです。

Orangina with passionfruit juice

今日は先日の「青いやつ」に続いて、「黄色いやつ」を作ります。

11820

黄色はジュースの色がそのまま使えるのでシロップの色も影響のない黄色系のものを。
モナンのパッションフルーツシロップは味がいいのでオススメですが、甘みも強いので入れすぎないように。

11821

オランジーナで割ったら完成です。

いやぁ、簡単!