僕がフレアをする理由

フレアバーテンダーってフレアに対してどう考えてるのか。僕は興味があるんですが、意外と他の人のフレアに対する考え方って知らないんです。なのでとりあえず僕自身のフレアへの考え方を書いて見ます。フレアを志す人に対し、これだけは伝えたいということを。

フレアスクールをずっとやってると気付くんですが、フレアってそんな上手くなくてもいいとも言えるし、絶対上手くなきゃダメとも言えるんです。大会も勝つのがすべてではないとも思いますし、絶対勝つ必要があるとも思うんです。それは受講される一人一人に向き合うとその人に対するアドバイスが他の人には正反対に見えることがままあるんです。

0150

・・・・・・

フレアの本質は楽しませる事。フレアが上手いというのはひとつの正解だけど、フレアが下手でもお客さんが楽しめればそれは正解。

フレアバーテンダーたるもの、フレアをしなくてもお客さんを楽しませる人間であるべき。これはホントそう。

なのでフレア初心者はフレア以外の部分で満足度を上げればいい。
、、、これが実は難しい。みんなフレアを上達しようという方向に走ってしまう。楽だから。大事なのは考える事。フレアは考えなくても投げてれば上手くなるけど、楽しんでもらうには考え抜かなければダメ。

・・・・・・

どうしたら上手くなるんだろう?って考えている時間があれば投げるのに使うべき。考えて上手くなるのじゃなく、投げながら考えるから上手くなる。順位をつけるとすれば①投げながら考える②考えずに投げる・・・⑩投げずに考える。

0151

・・・・・・

大会へのトレーニングはとにかく朝から晩までボトルを投げ続けるのがいい。そんな時間はないよという人は時間を作るべきだし、そんな体力ないよという人は体力をつけるべき。そこまでモチベーションが続かないという人は大会で結果を残すのは厳しい。もちろん、優勝するのが無理と言ってるわけではないけれど、世界には朝から晩までボトルを投げ続けている人がいっぱいいて、世界と戦う時はその人たちと戦うという事を忘れずに。

・・・・・・

自分のために大きな大会で優勝するのではなく、ショーをしたときにその場にいた人がより満足してもらうために優勝するべき。「○○で優勝」といった肩書きがある事で同じことをやっても説得力が変わってくる。

0152

・・・・・・

ボトルやティンばかり見るんじゃなく、その先にある人々の目を見ること。

・・・・・・・

一度自分に絶望して、そこから始めると人は強くなれる。と思う。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)