Espresso Martini-リキュールの違いによる味の違い

12/05 [金]

今日はエスプレッソマティーニを作る上で、コーヒーリキュールとホワイトカカオリキュールの銘柄による味の違いを検証します。

3957

エスプレッソはダブルで抽出。氷を入れたボウルで冷やします。

3958

レシピはウオッカ(アブソルートウオッカをつかいました)15ml、コーヒーリキュールが15ml。
カルーアとティアマリアで比較します。

3959

そしてホワイトカカオ10ml。マリーブリザールとボルスでの比較です。
先ほど冷やしておいたエスプレッソを10ml注ぎます。

3960

シェークして、冷やしたカクテルグラスに注ぎます。
通常なら倍量でマティーニグラスに注ぐのですが、今回は小さめのグラスに注ぎます。

3961

コーヒーリキュール2種とホワイトカカオ2種の組み合わせで4通りのエスプレッソマティーニができました。
ティアマリアよりカルーアの方が甘み、濃度感があるので仕上がりもしっかりしたものになります。
ティアマリアで作ったものは比較的さらっとしたものになりますね。
ホワイトカカオはボルスはカカオ感がかなり前に出ていて、マリーブリザールは複雑な味わいです。
カルーアとマリーブリザールのホワイトカカオのエスプレッソマティーニが好評でした。
全てにおいて今回は甘いです。かなり甘く、エスプレッソの風味は感じられませんね。

Pocket



この記事を見て飲みたくなったら「いいね!」をしよう!



What would you like to drink?(次は何を飲もう?)