White Lady-シェーカーの大きさ

07/03 [金]

今日はシェーカーの大きさで味が変わるのか研究します。
ホワイトレディを作ります。

6006

レシピは通常通り、ドライジン30ml、ホワイトキュラソー15ml、レモンジュース15mlです。

6007

シェーカーはユキワのシェーカーA(500ml)とB(360ml)を使います。

6008

まずは小ぶりのシェーカーBから。
以前はメインで使っていました。手の中にすっぽりと入るので細かい動きがしやすいですね。

6009

そしてシェーカーAで。
最近はずっと使っているので慣れていますが滑って飛んでいきそうな怖さもあります。

6010

グラスの表面に浮く氷はAの方が細かく、口にしたときにより冷えている感じがありました。
シェーカーは大きい方が入れられる氷の量が多く、混ぜる空間も広いのでより効率よく冷やし混ぜることが出来ます。ただ、それは同じ振り方をした場合なので、小さいBは動きでカバーできるのかもしれませんね。なかなか興味深いです。

カクテル研究一覧はこちら

Pocket



この記事を見て飲みたくなったら「いいね!」をしよう!



What would you like to drink?(次は何を飲もう?)