Gin Tonic-グラスによる違い

今日はジントニックを作る時にグラスの形状(飲み口の厚さ)の違いによる味の違いはどのくらいあるのかを調べてみます。

7799

ドライジンを45ml、氷を入れたグラスに注ぎます。

7800

ライムは1/8カットをジュースだけ絞ります。

7801

トニックを90ml。
軽くステアして完成です。

7802

同じくらいの容量でより頑丈な(飲み口が厚めの)グラスで同じレシピでジントニックを作ります。

7803

口につけるとき、グラスの縁の厚さが厚いと唇への抵抗が大きい分液体の味に集中出来ません。カクテルの味をよりダイレクトに感じて欲しい時は薄いグラスの方が間違いなくいいですね。
厚みがあるグラスは丈夫な分、フレアなど思い切って出来ますし、欠ける心配も少ないので業務では便利ですが、味を追求するのであれば薄いグラスを検討するべきかもしれません。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)