Rusty Nail-ウイスキーの種類

今日はラスティ・ネイルを作る時にベースのスコッチウイスキーを変えるとカクテルが胴変化するのかを調べてみます。

11392

氷の入ったロックグラスにバランタイン12年を45ml、注ぎます。

11393

ドランブイは15ml。かつてスコットランドの王家の秘伝の酒として伝えられてきた「満足すべき酒」という意味のリキュールです。
この作ったカクテルをノーマルのバランタインで作ったラスティネイルと比較してみます。

11394

バランタイン12年の方が複雑な味わいで、鼻に抜ける香りの成分が多く感じます。シンプルなスコッチよりも寝かせた方が美味しいですね。また、ベースのスコッチを生かすためにドランブイをもっと減らしてもいいのかもしれません。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)