直掛け

機械刈りでかぶせ茶を作る時に茶園にそのまま覆いをかける「直掛け」という方法があります。

10188

覆いの棚がないので煎茶の茶園のように見えますが、この直掛けをすることで覆い茶ができあがります。

10189

茶の芽が徐々に伸びてきました。

10190

てかてか光って綺麗です。

10191

さて、直掛けに使うのは寒冷紗という黒の被覆資材です。

10192

それを茶園にかけていきます。

10193

風で飛ばないように洗濯ばさみで茶の枝で固定していきます。

10194

見た目がユーモラスですね。
この状態で遮光をします。
遮光をする事で渋味成分であるカテキンの増加を抑え、旨味成分であるテアニンを十分に引き出します。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)