Sloe Tequila(スロー・テキーラ)

RECIPE


Sloe Tequila

30 ml. tequila
15 ml. sloe gin
15 ml. lemon juice
cucumber

Shake all ingredients except cucumber with ice and strain into a rock glass with crushed ice.Garnish with cucumber stick.


テキーラは好きだけど正直ショットでしか飲んだことないって人、多くないですか?
こんなカクテルも知ってるんだぜ。っていうのにぴったりのカクテル、こちらです。
Today’s cocktail is Sloe Tequila.

1648

というわけでベースはテキーラ。マリアッチとサウザで作り比べてみましょう。
30mlシェーカーに注ぎます。
Pour 30ml of tequila into a shaker.

1649

スロージンを15ml。スロージンとテキーラでスロー・テキーラとは覚えやすい名前ですね。
Pour 15ml of sloe gin.

1650

レモンジュースを15ml。
Pour 15ml of lemon juice.

1651

シェークをしてクラッシュアイスを詰めたグラスに注ぎます。
きゅうりのスティックをさしてストローをさせば出来上がり。
Shake with ice and strain into a rock glass with crushed ice.
Garnish with cucumber stick.

1652

クラッシュアイスでどちらも飲みやすいです。
マリアッチのほうがよりさらっと飲みやすいですね。
きゅうりがクラッシュアイスでちょっと凍ったようになるのが面白いですね。
きゅうりの上に塩をぱらぱらとつけてもいいかもしれません。
テキーラと言えば塩ですからね。
I like this with mariachi.maybe put some salt with cucumber will be better.

Kiss of Fire(キッス・オブ・ファイア)

RECIPE


Kiss of Fire

20 ml. vodka
20 ml. sloe gin
20 ml. dry vermouth

Shake all ingredients with ice and strain into sugar the rim of chilled cocktail glass.


今日はキッス・オブ・ファイアを作ります。
「キッス・オブ・ファイア」は世界中で大ヒットした曲で、日本ではペギー葉山さんのデビュー曲として知られています。
1953年第5回オール・ジャパン・ドリンクス・コンクール第1位の石岡賢司氏の作品です。
Today’s cocktail is Kiss of Fire.

1547

まずはウオッカを。情熱的な形のボトルのプラウダウオッカを使いましょう。
Pour 20ml of vodka into a shaker.

1548

そしてスロージン。
Pour 20ml of sloe gin.

1549

ドライベルモットはノイリープラットとチンザノで作り比べてみましょう。
全て同量、20mlずつ注ぎました。
Pour 20ml of dry vermouth.

1550

シェークして、砂糖でスノースタイルにしたカクテルグラスに注ぎます。
Shake with ice and strain into sugar the rim of chilled cocktail glass.

1551

ノイリープラットで作ったものはフルーティーでチンザノで作ったものは樽の風味が感じられました。癖がなく飲みやすいのはノイリープラットで作ったほうですね。ワイン好きな方にオススメしたいカクテルです。
I like with noilly prat.

English Blackthorn(イングリッシュ・ブラックソーン)

RECIPE


English Blackthorn

40 ml. sloe gin
20 ml. sweet vermouth
1 dash orange bitters

Stir all ingredients with ice and strain into chilled cocktail glass.


今日はイングリッシュ・ブラックソーンを作ります。ブラックソーンはベースのスロージンの原料として知られています。
Today’s cocktail is English Blackthorn.

0877

スロージンは元々、スローベリー(ブラックソーンの実)をジンに浸して作った家庭酒でしたが、今ではジンをベースとしては作られておらず名前だけ残っているそうです。
Pour 40ml of sloe gin into a shaker.

0878

スロージンをミキシンググラスに注いだ後はスイートベルモットを注ぎます。
今回はチンザノとノイリープラットで作り、比較してみましょう。
Pour 20ml of sweet vermouth,1dash of orange bitters.

0879

オレンジビターズを少し加えてステアします。
比較的混ざりやすい材料なのでステアで十分混ざるんですね。
Stir.

0880

冷やしたグラスに注ぎます。
同じようにノイリープラットで作りましょう。
Strain into chilled cocktail glass.

0881

マティーニやマンハッタンなど他のステアで作るカクテルに比べてアルコールは少し低め(それでも高いですが)なので飲みやすいです。

チンザノで作ったイングリッシュ・ブラックソーンは甘味が出ていました。
ノイリープラットではお酒を強く感じ、少し苦味・辛味を感じました。

今回初めて作りましたがチンザノの方が私の好みでしたね。
ちょっとマニアックなカクテルの気がしないでもありませんが、美味しかったです。
I liked with cinzano.