阿波番茶飲み比べ

今日は徳島県の名産品、阿波番茶を飲み比べてみます。

先日、徳島に行った時にお茶屋によって買ってきました。
左が三好園、右が立石園です。

見た感じは全く一緒。

熱湯で淹れます。

後味に少し酸味を感じるのが特徴で美味しいお茶です。
ただ二つの味わいも明確な違いは分かりませんでした。
これは普段から飲みなれていないのが大きいと思います。

作っている生産者側から見ると明確な違いがあったとしても
意外と消費者は気付かないのかな、と感じました。

地方独自のお茶

ここでは地方色豊かなお茶を研究します。

京番茶はいわゆる番茶とは作り方が違い、大きくなった葉を枝ごと蒸して天日などで乾かし、炒る京都のお茶です。
京番茶-お茶の葉の量による味の違い
京番茶-お湯の量による味の違い
京番茶-お湯の温度による味の違い
京番茶-浸出時間による味の違い
京番茶-やかんと急須の味の違い
京番茶-水道水を沸騰させる時間による味の違い
京番茶-ミネラルウォーターによる味の違い
京番茶を一杯だけ淹れる
京番茶-急須の材質
京番茶の美味しい淹れ方(movie)
Japanese Tea(KYOBANCHA)-京番茶
京番茶に合うお菓子
熱湯氷出し京番茶
ブレンド茶(京番茶・玄米茶)
玄米茶-京番茶と玄米
ブレンド茶(番茶・京番茶)
ブレンド茶(焙じ茶・京番茶)
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+レモングラス(フレッシュ)
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+カルダモン
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+クローブ
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+シナモン
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+スターアニス
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+ローズマリー
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+唐辛子
京番茶 飲み比べ
お茶パックで淹れる-京番茶
エアロプレスで京番茶を淹れる


6828

碁石茶とは高知県大豊町で作られる発酵茶です。
碁石茶を美味しく淹れる
碁石茶を洗茶で淹れる
碁石茶を煮出して淹れる


6829

阿波晩茶とは徳島県で作られる後発酵茶です。
阿波晩茶-お湯の量による味の違い
阿波晩茶-お湯の温度による味の違い
阿波晩茶-浸出時間による味の違い


長野県で黒豆茶なるお茶を買ってきました。
黒豆茶を美味しく淹れる
黒豆茶を美味しく淹れる (2)


7476

石川県には加賀棒茶と呼ばれるほうじ茶があります。
加賀棒茶を美味しく淹れる
ほうじ茶比較
加賀棒茶を焙じてみると

和歌山県に昔ながらの製法で作る本宮茶というのがあります。
本宮茶
本宮茶を粉末にする

阿波晩茶-浸出時間による味の違い

今日は徳島の後発酵茶、阿波晩茶の美味しい淹れ方を研究します。
浸出時間を変えて比べてみましょう。

6760

これは徳島の阿波踊り会館の売店で手に入れました。
60gで500円程度でした。

6761

お茶の葉を9g、土瓶に入れます。

6762

お湯の温度は沸騰直後の熱湯で270ml注ぎます。
浸出時間はまずは袋に書かれてある1分間で。

6763

注ぎ分けます。
比較用にはネットで書かれてあった3分間で淹れてみましょう。

6764

正直、1分と3分とたいした違いはありませんでした。
ということは、1分でいいですね。
すっきり、さっぱりとした味わいです。

阿波晩茶-お湯の温度による味の違い

今日は徳島のお茶、阿波晩茶でお湯の温度による味の違いをみます。

6748

見た目は京番茶に似ていますが色が白っぽいです。
後発酵による変化でしょうね。

6749

お茶の葉の量は9g。

6750

お湯の量は270ml。
お湯の温度は煎茶などに使われる70℃にしてみました。

6751

浸出時間は1分間で、3杯に注ぎ分けます。
比較用には沸騰直後の熱湯で淹れた阿波晩茶を使います。

6752

70℃では抽出不足でした。
阿波晩茶はもともと阿波番茶と呼ばれていたのでやはり100℃近い温度で淹れないと美味しくないですね。

阿波晩茶-お湯の量による味の違い

徳島県に古くからあるお茶、阿波晩茶の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
お湯の量による味の違いを見ます。

6736

釜茹でしたお茶の葉を樽で漬け込む後発酵茶です。

6737

お茶の葉を一人前3gとして三人前9g、土瓶に入れます。

6738

お湯の量を番茶と同じ390ml注いでみましょう。
お湯の温度は沸騰直後の熱湯を使います。

6739

浸出時間は袋に書いてあった1分間にしました。
廻し注ぎします。

6740

飲むと少し薄かったので今度はお湯の量を270mlに減らして淹れてみました。
これで濃さはちょうど良くなりました。
酸味が特徴的な面白いお茶ですね。