阿波番茶飲み比べ

今日は徳島県の名産品、阿波番茶を飲み比べてみます。

先日、徳島に行った時にお茶屋によって買ってきました。
左が三好園、右が立石園です。

見た感じは全く一緒。

熱湯で淹れます。

後味に少し酸味を感じるのが特徴で美味しいお茶です。
ただ二つの味わいも明確な違いは分かりませんでした。
これは普段から飲みなれていないのが大きいと思います。

作っている生産者側から見ると明確な違いがあったとしても
意外と消費者は気付かないのかな、と感じました。

番茶の茶葉を見て淹れる

今日は番茶を淹れるときに茶葉を見ながら美味しく淹れるポイントを探ってみます。

9429

番茶は大柄な茶で安いですね。
でもこれが好きです。

9430

大さじ2杯で熱湯を注ぎます。
葉が大きいのですぐに開くのがわかります。

9431

注いで一呼吸置いたらもう廻し注ぎすればOKです。

9432

注いだ後の急須の中はこんな感じ。

9433

適当でも飲みやすい、これぞ庶民のお茶ですね。

梅酒のお茶割り-(番茶)

今日は梅酒のお茶割りを試してみます。

8766

梅酒を30ml、ホットグラスに注ぎます。

8767

お茶は大きくなったお茶の葉から作られる番茶で試してみます。

8768

番茶は今回3g使い、沸騰直後のお湯を110ml注ぎました。

8769

45秒経ったら90ml注ぎます。

8770

番茶の風味でさっぱりしています。家庭で飲む日常の飲み物って感じですね。

茶釜で淹れる-番茶

今日も茶釜のお湯を使ってお茶を淹れてみましょう。

7871

今日は番茶でやってみましょう。

7872

9gの番茶を急須にいれます。

7873

茶釜の湯が沸いたら、、

7874

390ml注ぎます。

7875

30秒待ってから廻し注ぎします。

7876

ステンレスのケトルでも同じ条件でやってみましょう。

7877

鉄の茶釜はあまり味が出ません。その分、渋味もあまりないのでマイルドに感じます。
ステンレスのケトルはクリアに味が出ています。はっきりしていいですが、その分渋味もはっきりと出ています。
風味をはっきりさせたい場合はステンレス、優しい味にするなら鉄がいいのではないのでしょうか。

お茶を粉末にして飲む-番茶

お茶は昔、薬のように煎じて飲んでいたそうです。
それはどんな味だったのか、今日はそれを研究してみましょう。

7787

今日は番茶を使います。

7788

1.5gをすり鉢で細かくしていきます。

7789

このくらいの細かさになりました。

7790

お湯を70ml注げはOK!

7791

番茶の味を濃くした時に舌にざらつくのは仕方がないですね。
量は1/3(お茶の葉0.5g、お湯25ml)くらいにしないと飲みきれません。。。

Whisky and Bancha soda (ウイスキーの番茶ソーダ割り)

RECIPE


Whisky and Bancha soda

30 ml. whisky
45 ml. bancha
45 ml. club soda

Build all ingredients in a glass with ice.


Today’s cocktail is Whisky and Bancha soda.
今日はウイスキーの番茶ソーダ割りを作ります。

7671

Brew bancha and cool it.
番茶を淹れて冷やしておきます(5g,200ml,100℃,30秒)。

7672

Pour 30ml of whisky into a glass with ice.
ウイスキーを30ml、氷を入れたグラスに注ぎます。

7673

Pour 45ml of bancha.
番茶を45ml。

7674

Pour 45ml of club soda.
ソーダを45ml。

7675

Bancha doesn’t have strong flavor,so this cocktail is like whisky and soda.
番茶は味が薄いのか、普通のソーダ割りみたいな味です。

Whisky and Bancha (ウイスキーの番茶割り)

RECIPE


Whisky and Bancha

30 ml. whisky
90 ml. bancha

Build all ingredients in a glass with ice.


Today’s cocktail is Whisky and Bancha.
今日はウイスキーの番茶割りを作ります。

7665

This is bancha.
番茶です。

7666

Brew bancha and cool it.
番茶を淹れて冷やしておきます(5g,200ml,100℃,30秒)。

7667

Pour 30ml of whisky into a glass with ice.
ウイスキーを30ml、氷を入れたグラスに注ぎます。

7668

Pour 90ml of bancha.
番茶を90ml。ステアして完成です。

7669

It’s like whisky with water..
ほうじ茶に比べて番茶はあっさりしているので水割りっぽいですね。

番茶+ソーダ

カクテルを作るときソーダの代わりにお茶の味がするソーダを使えば美味しい日本茶カクテルが作れるのじゃないでしょうか。そう考え美味しいお茶のソーダを作る研究をします。

7616

今日は番茶でやってみましょう。

7617

まずは通常の濃さで。5gのお茶の葉に200mlの熱湯を注ぎ、30秒待ちます。

7618

これを注ぎます。
ソーダで割ると味が薄くなるので少し濃い目でも淹れてみましょう。

7619

左から通常の淹れ方、浸出時間を2倍にしたもの、お湯の量を半分にしたものです。

7620

室温になるまで冷やし、グラスに注ぎます。

7621

それぞれ、お茶と同量のソーダで割ったもの、お茶の2倍の量のソーダで割ったものを作ります。

7622

お茶とソーダが1:1のものは炭酸の強さはなく、しばらくすると泡も消えてしまいます。微炭酸という感じですね。普通に淹れたものはほんのり番茶の味がして悪くなかったのですが、濃く淹れたものは渋味やえぐみが残ってバランスが悪かったです。
お茶とソーダが1:2のものは炭酸が効いていますが、特に濃く淹れたものは渋みやえぐみといった悪い部分が炭酸により強調されていました。
なのでソーダによって薄まるとはいってもお茶を濃く出すのは良くなくて、あくまでもお茶そのもので飲んだ時に美味しい状態のものを使う方がいいですね。
番茶の味を前面に出すのではなく、ほんのり番茶の味が感じられる仕上げ方の方が今回は良かったですね。

Hot Rum-Bancha(番茶のホットラム)

RECIPE


Hot Rum -Bancha

30 ml. rum
180ml. bancha

Build all ingredients in a hot glass.


Today’s cocktail is Hot Rum -Bancha.
今日はホット・ラム(番茶)を作ります。

7590

This is bancha.
これが番茶です。

7591

Pour 30ml of rum into a hot glass.
ラムを30ml、耐熱グラスに注ぎます。

7592

Brew bancha,5g of bancha,200ml of boiling water(30 seconds).
番茶を淹れます。5gの番茶を200mlの熱湯で30秒浸出します。

7593

Pour 180ml of bancha.
180mlの番茶を注ぎます。

7594

Add some lemon twist will be better.
ほんのり甘く、さっぱりした味はなかなか美味しいですね。レモンピールなどしたら良さそうです。

Whisky Tea -Bancha(ウイスキー・ティー-番茶)

RECIPE


Whisky Tea -Bancha

30 ml. whisky
180ml. bancha

Build all ingredients in a hot glass.


Today’s cocktail is Whisky Tea -Bancha.
今日はウイスキー・ティー(番茶)を作ります。

7545

This is bancha.
これが番茶です。

7546

Pour 30ml of whisky into a hot glass.
ウイスキーを30ml、耐熱グラスに注ぎます。

7547

Brew bancha,5g of bancha,200ml of boiling water(30 seconds).
番茶を淹れます。5gの番茶を200mlの熱湯で30秒浸出します。

7548

Pour 180ml of bancha.
180mlの番茶を注ぎます。

7549

Not bad.Actually it’s good!
さっぱりしていて悪くないですね、これ。