エアロプレスで京番茶を淹れる

今日はコーヒー抽出器具のエアロプレスを使って煎茶を淹れてみましょう。

8996

京都独自のお茶、京番茶を淹れてみます。
京番茶を5g、ペーパーフィルターをセットしたエアロプレスに入れます。

8997

京番茶は葉っぱのかさが大きいので抽出しやすいように少し潰して細かくします。

8998

沸騰直後の熱湯を170ml注ぎます。
すぐにプランジャーをセットしたのですが、お湯はもう落ちた後でした。
それでもまぁ、押し下げます。

8999

抽出したお茶を湯のみに注げば完成です。

9000

濃さはちょうどいいですが、ほうじ茶と同じで器具の特性を生かせてないのが問題です。
面白いですが、これはあくまでも遊びですね。

梅酒のお茶割り-(京番茶)

今日は梅酒のお茶割りを試してみます。

8790

梅酒を30ml、ホットグラスに注ぎます。

8791

お茶は京番茶でやってみます。

8792

京番茶は今回4g使い、沸騰直後のお湯を110ml注ぎました。

8793

1分経ったら90ml注ぎます。

8794

京番茶特有の焦げた味が少し気になりますね。。

お茶パックで淹れる-京番茶

今日もお茶パックにお茶を入れて淹れましょう。

8042

今日は京番茶。

8043

葉っぱのままのお茶なのでお茶パックに入れづらいですが、10g入れました。

8044

軽く潰して急須(土瓶)に入れます。

8045

お湯を280ml。お湯の温度は沸騰直後の熱湯です。

8046

30秒経ったら取り分け容器に一度に注ぎます。

8047

うん、ちょうどいい濃さで京番茶特有の少し焦げっぽさも感じられておいしかったです。
これはこんなものでしょう。

京番茶を一杯だけ淹れる

今日は京番茶を一杯だけ淹れる場合の美味しい淹れ方を研究します。

7365

葉っぱのままのお茶なのでかさがあります。

7366

まずは3人分淹れてみます。
お茶の葉を9g。

7367

沸騰させた熱湯を390ml注ぎます。

7368

浸出時間は30秒ですが、しばらく置いてから注いでもおいしいです。

7369

これを一人分にします。
お茶の葉を3g、お湯の量は110ml、熱湯を入れてみました。

7370

時間は45秒で淹れました。

7371

若干薄かったので、お茶の葉を4g、浸出時間は1分間程度にしたほうがいいですね。

玄米茶-京番茶と玄米

玄米茶のベースとしていいのは煎茶とほうじ茶。
では京番茶ではどうでしょうか。早速試してみましょう。

6990

京番茶を5g用意します。

6991

少し炒り直して香ばしさを増した玄米を4g。

6992

なんだかお茶というより何かの健康飲料ですね、これ。

6993

90℃のお湯を330ml注ぎ、1分待って廻し注ぎをすれば完成です。

6994

番茶が薄く、あまり美味しくなかったです。
お茶の葉の量を増やせばいいのかもしれませんが、ほうじ茶の方が合うような、、、

地方独自のお茶

ここでは地方色豊かなお茶を研究します。

京番茶はいわゆる番茶とは作り方が違い、大きくなった葉を枝ごと蒸して天日などで乾かし、炒る京都のお茶です。
京番茶-お茶の葉の量による味の違い
京番茶-お湯の量による味の違い
京番茶-お湯の温度による味の違い
京番茶-浸出時間による味の違い
京番茶-やかんと急須の味の違い
京番茶-水道水を沸騰させる時間による味の違い
京番茶-ミネラルウォーターによる味の違い
京番茶を一杯だけ淹れる
京番茶-急須の材質
京番茶の美味しい淹れ方(movie)
Japanese Tea(KYOBANCHA)-京番茶
京番茶に合うお菓子
熱湯氷出し京番茶
ブレンド茶(京番茶・玄米茶)
玄米茶-京番茶と玄米
ブレンド茶(番茶・京番茶)
ブレンド茶(焙じ茶・京番茶)
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+レモングラス(フレッシュ)
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+カルダモン
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+クローブ
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+シナモン
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+スターアニス
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+ローズマリー
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+唐辛子
京番茶 飲み比べ
お茶パックで淹れる-京番茶
エアロプレスで京番茶を淹れる


6828

碁石茶とは高知県大豊町で作られる発酵茶です。
碁石茶を美味しく淹れる
碁石茶を洗茶で淹れる
碁石茶を煮出して淹れる


6829

阿波晩茶とは徳島県で作られる後発酵茶です。
阿波晩茶-お湯の量による味の違い
阿波晩茶-お湯の温度による味の違い
阿波晩茶-浸出時間による味の違い


長野県で黒豆茶なるお茶を買ってきました。
黒豆茶を美味しく淹れる
黒豆茶を美味しく淹れる (2)


7476

石川県には加賀棒茶と呼ばれるほうじ茶があります。
加賀棒茶を美味しく淹れる
ほうじ茶比較
加賀棒茶を焙じてみると

和歌山県に昔ながらの製法で作る本宮茶というのがあります。
本宮茶
本宮茶を粉末にする

京番茶 飲み比べ

今日は京番茶を二種類、飲み比べをします。
京番茶は京都独特のお茶で、いわゆる番茶とは作り方や味が違います。

6802

左が和束、右が京田辺のものです。
京田辺の方が青色がかっています。
色も違いますが、香りも京田辺のものは強い焙煎臭がします。

6803

一人分だけ淹れます。
お茶の葉を4g、お湯の量は150ml、沸騰させた熱湯で1分浸出で淹れてみました。

6804

同じ条件でもう一つもやってみます。

6805

左が和束、右が京田辺。
京田辺の方が水色は浅いですが、香りはかなりします。

6806

手前の和束のものはいつも飲んでいるものです。
甘みもあってすっと飲みやすく、水みたいな感覚で飲んでいます。
京田辺のものは炒った香りが味にも影響してなかなか厳しいですね。。

このように同じお茶、京番茶でもいろんな味の商品があります。
同じ京番茶と言っていても産地や、会社が違うと全く異なる味になっているところが面白く、また難しいところです。

日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+唐辛子

今日は京番茶に唐辛子を入れてみるとどういう味になるのかを調べてみます。

6772

京番茶を4g、急須に入れます。

6773

唐辛子は1個(0.7g)そのまま入れてみました。
お湯は150ml注ぎます。

6774

浸出時間は2分間で注いでみましたが、全然辛くありません。
やっぱり中身が辛いんでしょうか。

6775

ということで今度は京番茶4gに唐辛子1つ(0.7g)を5mm幅に切って急須に入れました。
お湯は熱湯を150ml、浸出時間は2分です。

6776

香りは特になく、飲み口も普通でしたが、すぐにとんでもなく辛いものが口の中で暴れました。
これは危険です。。。量をもっと減らさないと飲むことは厳しいですね。

日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+ローズマリー

日本茶フレーバーティー、日本茶ハーブティー。
今日はローズマリーを使ってみましょう。

6706

京番茶をベースに考えます。

6707

ローズマリーは乾燥させて葉だけを取っているものを使いました。

6708

京番茶を4g、ローズマリーは1g急須に入れました。
沸騰させた熱湯を150ml注ぎます。

6709

浸出時間はしっかりと浸出するために2分。
どんな味になるでしょうか。

6710

香りもそうだけど味がローズマリー!です。ローズマリーが前に出すぎているので0.5gでも良さそうです。
また、飲んでみて思ったのですが、ローズマリーはメインの味わいにするのじゃなく隠し味として使うのが合いますね。勉強になります。