出物(かりがね・芽茶・粉茶・ひげ茶)

お茶は仕上げ加工でさまざまな出物と呼ばれるお茶が出来ます。
かりがねは茎の部分です。
茎茶(かりがね)を美味しく淹れる-その1
茎茶(かりがね)を美味しく淹れる-その2
茎茶(かりがね)を美味しく淹れる-その3
かりがねの美味しい淹れ方(movie)
玄米茶-かりがねと玄米
かりがね-差し水で温度を下げて淹れる
かりがね-スローイングで温度を下げて淹れる
Japanese Tea(KARIGANE)-かりがね
茶釜で淹れる-かりがね
お茶パックで淹れる-かりがね
ブレンド茶-かりがねベース
エアロプレスでかりがねを淹れる
かりがねの茶葉を見て淹れる


6823

芽茶は新芽の先の部分。
芽茶(玉露)の美味しい淹れ方-玉露と煎茶の淹れ方で
芽茶(玉露)の美味しい淹れ方-お茶の葉の量の違いによる味の違い
芽茶(玉露)の美味しい淹れ方-浸出時間の違いによる味の違い
芽茶(玉露)の美味しい淹れ方-お湯の温度の違いによる味の違い


6824

粉茶は細かく砕けた部分。
粉茶(煎茶粉)を美味しく淹れる-その1
粉茶(煎茶粉)を美味しく淹れる-その2
粉茶(煎茶粉)を美味しく淹れる-その3
粉茶(煎茶粉)の美味しい淹れ方(movie)
煎茶粉+ソーダ
煎茶粉+ジンジャーエール
煎茶粉+コーラ

6825

粉茶(玉露粉)を美味しく淹れる-その1
粉茶(玉露粉)を美味しく淹れる-その2
粉茶(玉露粉)を美味しく淹れる-クレバーで淹れてみる
粉茶(玉露粉)を美味しく淹れる-ドリップで淹れてみる
粉茶(玉露粉)を美味しく淹れる-エアロプレスで淹れてみる
粉茶(玉露粉)の美味しい淹れ方(movie)-コーヒーのペーパードリップで。
玉露粉+ソーダ
玉露粉+ジンジャーエール
玉露粉+コーラ


6826

ひげ茶は軽く浮いてくる部分。
ひげ茶を美味しく淹れる-その1
ひげ茶を美味しく淹れる-その2
ひげ茶を美味しく淹れる-その3
ひげ茶を美味しく淹れる-その4
ひげ茶を美味しく淹れる-その5


グリーンティーの研究。
グリーンティーの比較(砂糖)①
グリーンティーの比較(砂糖)②

芽茶(玉露)の美味しい淹れ方-お湯の温度の違いによる味の違い

今日は芽茶(玉露)の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
お湯の温度での味の違いを見ます。

5753

出物(仕上げ工程で出る半端物)の一つである芽茶はマイナーですが、安いのが特徴です。

5754

煎茶の淹れ方をベースにしっかり味を出したいので一人前3g、三人前で9gのお茶の葉を使います。

5755

お湯の量は170ml。一人前50ml程度を目安に。
お湯の温度は60℃で。

5756

浸出時間は少し長めの1分30秒。温度が低い分、浸出に時間がかかります。
比較用に50℃のお湯でもやってみます。

5757

左が50℃、右が60℃のお湯で淹れたものです。
60℃は爽やかさの中に甘みもあり美味しいです。50℃は60℃に比べてさらに甘みが感じられますが、浸出不足で少しお湯っぽさが残ります。やはり温度が低くなると浸出時間をのばすかお茶の葉とお湯の量で調節して濃く浸出させる必要がありますね。
個人的には60℃でお菓子と合わせて温かいうちに飲むのがいいですね。

芽茶(玉露)の美味しい淹れ方-浸出時間の違いによる味の違い

今日は芽茶(玉露)の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
今度は見方を変えて浸出時間を変えてみます。

5747

玉露の芽茶です。粉茶に比べると少し形が大きめですね。

5748

お茶の葉の量は煎茶の入れ方と同じ6gでやってみます。

5749

お湯の量は170ml、お湯の温度は70℃。
浸出時間は1分30秒と少し長めです。

5750

渋味が抑えられていますが1分と比べてまだ薄いです。
そこでお茶の葉を9gにしてみましょう。

5751

左が6g、170ml、70℃、1分です。
真ん中が6g、170ml、1分30秒、右が9g、170ml、1分30秒です。
9gにすると濃さは良くなりましたがその分渋味がかなり出ています。
これはやっぱりお湯の温度を60℃程度に下げてから淹れると良さそうです。

芽茶(玉露)の美味しい淹れ方-お茶の葉の量の違いによる味の違い

今日は芽茶(玉露)の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
お茶の葉の量を変えてみます。

5741

芽茶は元のお茶によって煎茶の芽茶と玉露の芽茶に分かれます。
これは玉露の芽茶です。

5742

前回やった煎茶の入れ方の6g(一人前2g)では薄かったので、9g(一人前3g)のお茶の葉を使います。

5743

お湯の量は170ml、お湯の温度は70℃。

5744

浸出時間は1分間でやってみます。
飲むと少し濃く、渋く感じるのでお湯の温度を60℃に下げてもう一度淹れてみます。

5745

左は6g、170ml、70℃、1分のもの、真ん中が9g、170ml、70℃、1分、右が9g、170ml、60℃、1分です。6gでは薄かったのが9gでは逆に濃いのでお茶の葉の量を減らすのではなくお湯の温度を下げて調整しています。
60℃にすると渋味が消え、甘みが増しました。ただ温度が下がった分浸出が十分でなくお茶の葉もあまり開いてないので浸出時間をもう少し長くした方がいいですね。

芽茶(玉露)の美味しい淹れ方-玉露と煎茶の淹れ方で

今日は芽茶(玉露)の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
まずは玉露の淹れ方でやってみます。

5735

芽茶とは仕上げ加工のときに出てくる出物で、安価なのが特徴です。
これは玉露の芽茶です。

5736

玉露の淹れ方を参考に、お茶の葉を10g急須に入れます。

5737

お湯の量は60ml、お湯の温度は50℃。
浸出時間は2分でやってみました。

5738

量が少ないので湯冷ましに注いでから、茶碗に注ぎ分けます。
比較用に上級煎茶の淹れ方でもやってみます。
お茶の葉を6g、お湯の量を170ml、お湯の温度は70℃、浸出時間は1分間です。

5739

左が玉露の淹れ方、右が煎茶の淹れ方です。
玉露の淹れ方では渋く、濃いですね。
煎茶の淹れ方ではちょっと薄いですが、なかなかおいしいです。
芽茶は細かいので普段の玉露の淹れ方より煎茶よりに変えたほうがよさそうです。
煎茶の淹れ方をベースに、お茶の葉の量を増やしてみる方法と、お湯の温度を下げて浸出時間をのばす方法を試してみます。