釜炒り茶飲み比べ(うんかい、おくみどり、たかちほ)

今日は釜炒り製緑茶、略して釜炒り茶を飲み比べます。

こちらはうんかい(2017年)。宮崎県のものです。

5gのお茶に75℃、40秒で淹れます。

こちらはおくみどり(2015年)。こちらも宮崎です。

同じ条件で淹れます。

こちらはたかちほ(2017年)。こちらも宮崎。

これはちょっと形が大きいですね。

釜炒り茶は蒸製煎茶に比べてまったりとして全体的にコクがある感じですね。
うんかいは旨味があり、おくみどりは火が入った甘みがあり、たかちほは番茶っぽい味です。
これはうんかいとたかちほは2017年、おくみどりは2015年なので火を入れなおしたから火の甘みが前に出ているのかもしれません。この火の入れ方が上手く、おいしかったです。
うんかいとたかちほは品種の違いもあるかもしれませんが、うんかいの方がこまかいので収穫時期の違いでこれだけ味が変わっているんだろうなと推測されます。
釜炒り茶は日頃飲んでないので、まだまだこれから勉強ですね。

おくみどり飲み比べ

今日はおくみどりという品種の飲み比べをします。
飲み比べるのは太陽を浴びて育てた葉で作る煎茶です。

こちらは静岡・両河内のおくみどり(2014年)。

5g、100ml、70℃で様子を見ます。

こちらは滋賀の朝宮のおくみどり(2016年)。青いですね。

見るからに旨味が感じられる色ですね。

そしていつものごとく淹れます。
最近は時間で淹れるんじゃなく、お茶の葉の開き具合で淹れるようにしています。
その方が美味しく淹れられる気がするんですよね。

左が両河内、右が朝宮です。
朝宮の方が色が薄く、透き通っています。
でも旨味は朝宮の方が強いんですよね。
どちらも旨味が前に出ていたので煎茶らしく淹れるのであれば次回はもっと高い温度でさっと淹れて渋味も混ぜていこうと感じました。

釜炒りさえみどり、おくみどり、釜王、特選

今日は宮崎県五ヶ瀬の釜炒り茶を飲み比べします。

こちらはさえみどり。2016年製造です。

5gのお茶に65℃のお湯を80ml注ぎます。

釜炒り茶はお茶の葉を蒸さずに釜で炒って製造するので香りが出るのが特徴です。これはさえみどりの旨味がしっかりと出ていておいしいですね。

こちらはおくみどり。2015年製造です。

5gのお茶に70℃のお湯を80ml注ぎます。

わりあいにあっさりしているので普段使いにいいですね。

こちらは釜王と名づけられた、さえみどりをベースにブレンドしているお茶ですね。2014年製造です。

5gのお茶に70℃のお湯を80ml注ぎます。

さっぱり系ですね。

こちらは特選と名づけられたおくみどりをベースにブレンドされたお茶です。

5gのお茶に75℃のお湯を80ml注ぎます。

こちらもあっさりです。

今回は全て無農薬の有機栽培の釜炒り茶でした。
個人的にはさえみどりがよかったですね。

おくみどり、おくみどり、実生在来、あさのか

今日も煎茶の品種別飲み比べをします。

おくみどりです。2016年製造で滋賀県朝宮産です。
少し大きいかな?

5gのお茶に80mlで65℃程度のお湯を注ぎます。

旨味がありすっきりとした味わいで美味しいです。

こちらもおくみどり。2016年産ですが、こちらは奈良のものです。
ちょっと大きめでかりがね(茎)も入っています。

少し温度を上げまして、5gのお茶に80mlで70℃程度のお湯を注ぎます。

先ほどの滋賀のものに比べて旨味は少ないですが、すっきりとした味わいです。
少し大きい状態で収穫したので旨味の凝縮が減ったのか、栽培の関係でしょうか。

こちらは2016年、高知県産の実生の在来です。かなり細かいですね。
現在のお茶の木って挿し木で増やしてあるのですが、昔からある種から育てたものでいろんな品種が混ざったものを実生の在来(種)って呼びます。お茶は種から植えると品種がバラバラになるので今ではどんどん減ってきています。

こちらは少し多めのお湯、5gのお茶に100mlで70℃程度のお湯を注ぎます。

甘みはありますが、番茶っぽい、洗練されていない田舎のお茶っていう味がします。品種がいろいろなのでいろんな味が混ざっているからかもしれません。「あぁ、昔のお茶やわぁ」って思わず言ってしまいそうな味です。

こちらは鹿児島県産のあさのかです。細くて形はいいですね。

5gのお茶に80mlで70℃程度のお湯を注ぎます。
飲むと、独特の風味がありますね。これは何と言ったらいいんでしょう?あまり飲んだことない味わいです。

煎茶って品種によって味が変わるのは分かりましたが、
同じ品種でも土地によって、生産者が変わると味は随分と違うものですね。
いろんな品種を飲むことで自分の好みがちょっと見えてきた気がします。