京番茶-お湯の温度による味の違い

今日は京番茶の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
お湯の温度による味の違いを見ます。

4602

お茶の葉の量は9g、お湯の量は390ml注ぎます。

4603

お湯の温度を沸騰直後、85℃、70℃の3つで比べてみます。
浸出時間は30秒です。

4604

廻し注ぎをします。

4605

左から70℃、85℃、沸騰直後です。
70℃は薄く、水っぽく、ちゃんと抽出できてませんでした。
85℃は優しい味ですね。
京番茶は温度が高くても苦味や渋味が出てこないので、しっかり味を出すためには沸騰している温度の高いお湯で淹れるのが大事ですね。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)