煎茶(並)-水道水の沸騰時間による違い

今日は煎茶(並)の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
水道水を使うときにどのくらい沸騰させる時間を取ったらいいのかを比べてみます。

4732

京番茶では結構差がありましたが、煎茶(並)ではどうでしょうか。

4733

お湯は沸騰後すぐ、5分間沸騰させたもの、10分間沸騰させたもので比べます。

4734

お茶の葉の量は6g、お湯の量は260ml、お湯の温度は90℃、3人分を淹れます。

4735

それでは、5分後、10分後にも同じように淹れます。

4736

左から沸騰後すぐ、5分後、10分後です。
5分後のものはまろやかになりますが、熱い間は味が薄く感じました。
煎茶はある程度刺激があったほうが美味しいのでカルキ臭が少なく、気にならなければ沸騰後すぐでも問題ありません。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)