煎茶(上)-お湯の温度による違い

今日は煎茶(上)の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
お湯の温度の違いによる味の違いを見ます。

4757

京都宇治茶、煎茶の上です。100g1500円のお茶を使います。

4758

お茶の葉の量は一人当たり2g、今回は3人分を淹れるので6g急須に入れます。

4759

お湯は170ml(50ml×3+お茶の葉が吸う分20ml)、
温度は70℃を基本として50℃、85℃で比べます。浸出時間は2分です。

4760

廻し注ぎをします。

4761

奥から50℃、70℃、85℃で淹れたお茶です。
50℃は水色がかなり薄くなりましたが、甘みがしっかりと出ていてよかったです。70℃よりむしろこっちがいいかもしれません。70℃はほのかな甘みと旨みが感じられ、中級煎茶との味の違いがはっきりしています。85℃では濃く出ていて、後味の渋味もかなりあって飲みにくいです。

今回は浸出時間が2分と長めなので温度も出来るだけ低いほうが濃く出ないのが良かったのだと思います。70℃でしたらもっと短く淹れた方が美味しく出せるかもしれません。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)