玄米茶-お茶の葉の量による味の違い

今日は玄米茶の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
お茶の葉の量による味の違いを見ます。

4980

玄米茶は写真で見える茶色のもの(白米を蒸して乾燥・焙煎したもの)をお茶に混ぜたお茶です。

4981

9g使ってみましょう。一人前3gの計算です。

4982

お湯の量は390ml(120ml×3+お茶の葉が吸う分30ml)です。
湯温は沸騰直後で浸出時間は30秒にします。

4983

廻し注ぎをします。
同じようにお茶の葉の量を6g(1人前2g)、12g(1人前4g)にかえて比較します。

4984

左から6g、9g、12gです。
6gは香りがありますが薄いですね。
12gは濁りが目立ちます。味が濃くなるのではなく渋味が前に出てきます。
9gが香ばしさと甘み、爽やかさのバランスが良かったです。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)