玉露-お湯の量による味の違い

今日は玉露の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
お湯の量による味の違いを見ます。

5035

こちらの玉露は100g1500円のものを使っています。

5036

お茶の葉の量は10g(3人前)です。

5037

お湯の量を60mlの他に90ml(20ml×3+お茶の葉が吸う分30ml)、180ml(50ml×3+30ml)で比べてみます。お湯の温度は60℃、浸出時間は2分間です。

5038

60mlと90mlで淹れたお茶は湯冷ましにいれてから注ぎ分けます。

5039

左から60ml、90ml、180mlです。
60mlははっきりと濃さを感じます。
90mlはすっきり美味しいんですが、60mlに比べるとぼやける感じです。
180mlは全く渋味は感じませんでしたが味も弱く玉露の良さを消してしまっていました。
玉露の場合、お湯の量は少なく淹れるほうがいいですね。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)