粉茶(玉露粉)を美味しく淹れる-その2

今日は粉茶(玉露粉)の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
煎茶粉に比べて少し時間をかけて淹れるといいので、お湯の温度を変えて比較します。

5206

粉茶は煎茶粉と玉露粉がありますが、玉露を製品化するときの余り物が玉露粉ですね。

5207

粉を6g、急須に入れます。

5208

温度は玉露で淹れる50℃、煎茶で淹れる70℃、その間の60℃で比較します。
お湯の量は260ml注ぎました。

5209

浸出時間は30秒。粉を漉すために茶漉しを使って廻し注ぎをします。

5210

70℃は渋すぎず、少し後味に渋味が残る程度です。60℃は甘みが前に出てきて、50℃ではかなり甘みが出ていました。もう少し濃くてもいいのでお湯の量を減らしてもいいですね。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)