番茶-お茶の葉の量による味の違い

今日は番茶の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
お茶の葉の量による味の違いを見ます。

5261

番茶はいろんな種類がありますが、一般的に遅く収穫した大形の煎茶として知られています。

5262

番茶の標準的な淹れ方は1人前3g、3人前で9g入れます。

5263

お湯の量は390ml(120ml×3+お茶の葉が吸う分30ml)です。
お湯の温度は沸騰直後、浸出時間は30秒。

5264

廻し注ぎをします。
お茶の葉の量を6g、12gでもやってみましょう。

5265

左奥から6g、9g、12gです。
6gと9gは薄く、12gくらいでちょうどいい濃さになりました。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)