ひげ茶を美味しく淹れる-その2

今日はひげ茶の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
温度を低くするとどう味が変わるかを見ます。

5388

このひげ茶は京都の南山城村で購入しました。

5389

お茶の葉の量を6g、お湯の量を260mlにします。

5390

お湯の温度は90℃、70℃と60℃で比べます。

5391

浸出時間は1分間。

5392

左から60℃、70℃、90℃です。
90℃は明らかに渋いのが、70℃になると少し渋味が抑えられてきましたが、まだ少し渋いです。
60℃でようやく何とか飲める味になってきましたが、でもまだ後味は渋いですね。。
という事はもう少し渋味を抑える淹れ方をするべきですね。
次回はそのあたりを追及します。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)