芽茶(玉露)の美味しい淹れ方-玉露と煎茶の淹れ方で

今日は芽茶(玉露)の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
まずは玉露の淹れ方でやってみます。

5735

芽茶とは仕上げ加工のときに出てくる出物で、安価なのが特徴です。
これは玉露の芽茶です。

5736

玉露の淹れ方を参考に、お茶の葉を10g急須に入れます。

5737

お湯の量は60ml、お湯の温度は50℃。
浸出時間は2分でやってみました。

5738

量が少ないので湯冷ましに注いでから、茶碗に注ぎ分けます。
比較用に上級煎茶の淹れ方でもやってみます。
お茶の葉を6g、お湯の量を170ml、お湯の温度は70℃、浸出時間は1分間です。

5739

左が玉露の淹れ方、右が煎茶の淹れ方です。
玉露の淹れ方では渋く、濃いですね。
煎茶の淹れ方ではちょっと薄いですが、なかなかおいしいです。
芽茶は細かいので普段の玉露の淹れ方より煎茶よりに変えたほうがよさそうです。
煎茶の淹れ方をベースに、お茶の葉の量を増やしてみる方法と、お湯の温度を下げて浸出時間をのばす方法を試してみます。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)