芽茶(玉露)の美味しい淹れ方-お湯の温度の違いによる味の違い

今日は芽茶(玉露)の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
お湯の温度での味の違いを見ます。

5753

出物(仕上げ工程で出る半端物)の一つである芽茶はマイナーですが、安いのが特徴です。

5754

煎茶の淹れ方をベースにしっかり味を出したいので一人前3g、三人前で9gのお茶の葉を使います。

5755

お湯の量は170ml。一人前50ml程度を目安に。
お湯の温度は60℃で。

5756

浸出時間は少し長めの1分30秒。温度が低い分、浸出に時間がかかります。
比較用に50℃のお湯でもやってみます。

5757

左が50℃、右が60℃のお湯で淹れたものです。
60℃は爽やかさの中に甘みもあり美味しいです。50℃は60℃に比べてさらに甘みが感じられますが、浸出不足で少しお湯っぽさが残ります。やはり温度が低くなると浸出時間をのばすかお茶の葉とお湯の量で調節して濃く浸出させる必要がありますね。
個人的には60℃でお菓子と合わせて温かいうちに飲むのがいいですね。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)