玉露荒茶-差し水で温度を下げて淹れる

玉露を淹れる時にはお湯の温度を下げるのですが、沸騰させたお湯をぬるい程度までに下げるのはかなりの時間がかかります。そこで、予め湯冷まししておいた水を足すことで指定の温度に下げると味の違いが出るのかを調べてみます。

7203

玉露荒茶です。

7204

10gのお茶の葉を急須に入れます。

7205

まずは自然に冷めた50℃のお湯を60ml注ぎます。

7206

2分30秒経ったら注ぎ、比較の基準にします。

7207

次に沸騰直後の熱湯をポットに注ぎます。

7208

温度計で温度を見ながら水を足していきます。
50℃になったら急須に60ml注ぎ、2分30秒待ちます。

7209

これを先ほどの玉露と比べてみましょう。

7210

沸かしたお湯と同じ水を足しているので味の違いはわからないですね。
急いでいる時にはこのやり方でもいいと思います。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)