茶釜で淹れる-深蒸しかぶせ茶

今日は茶釜のお湯を使って深蒸しかぶせ茶を淹れましょう。

7896

写真ではわかりにくいのですが、深蒸しなので粉が多いですね。

7897

このお茶の葉を9g急須に入れます。

7898

茶釜は沸いてからしばらく置いておき、

7899

ひしゃくですくって注ぎポットに入れます。

7900

お湯の温度を70℃まで下げて170ml注ぎます。

7901

浸出時間は45秒。
それでも、濃い色がでます。

7902

比較用にステンレスポットで淹れたお茶も用意します。

7903

茶釜で淹れたお茶は舌の上にどっしりと渋味がのる感じです。
それに対してステンレスは舌の上に残らずにさらっと下に落ちていく印象です。
味の違いというよりはこの舌に残るか残らないかの違いが大きいのでは?
茶釜で淹れたお茶はいい意味でも悪い意味でも主張しすぎて重いですね。
まぁまだ、手に入れて間もないのでこれからの変化も楽しみです。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)