ブレンド茶-碾茶ベース

今日は4種類のお茶を使ってブレンドしたお茶を淹れましょう。

8187

煎茶、玉露、碾茶(てんちゃ) 、かりがねを使います。

8188

今回、碾茶 を全体の半分(5割)の量にしてみましょう。
まずは煎茶を3.3g。

8189

玉露も3.3g。

8190

かりがねを3.3g。

8191

そしてベースとなる碾茶を10g拝見盆にいれ、よく混ぜます。

8192

碾茶のかさが大きいのでかなりの量のお茶の葉ですね。

8193

10g、土瓶(急須に)入れます。

8194

お湯は280ml。まずは90℃のお湯で淹れてみましょう。

8195

浸出時間は1分間。
同じ条件で今度は70℃でも淹れてみましょう。

8196

90℃では渋味の後味がすっきりしますが、少し味が濃く感じます。碾茶のうま味がある分高温で淹れた渋みの後味がその良さを消しています。
70℃では碾茶の香りがいいんですが、味が薄かったです。碾茶は量が多くても味が出にくいのでベースは他にして香り付け、味の深みを出す役割にした方がいいですね。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)