一煎パック(煎茶)

今日は頂いたお茶を淹れてみましょう。

8198

大阪のつぼ市製茶本舗さんの煎茶とほうじ茶です。

8199

今日は煎茶を淹れましょう。

8200

一人分の小分けした袋を人数分+1袋急須に入れます。
今回は3袋入れました。

8201

お茶の葉が細かい、いわゆる深蒸しですね。

8202

ここからは説明書きに書かれてある通りに淹れましょう。
まずは湯のみにお湯を注ぎます。

8203

さらに湯のみに移しかえます。
今回は2人分入れるのでピッチャーに移しました。

8204

温度を測ると79℃。説明書きにははじめポットから湯のみに注ぐと書かれてあります。
今回はやかんからそのまま注いだので少し高めの温度になっていますが、70℃くらいが適温です。

8205

急須に入れて2分待ちます。

8206

廻し注ぎする前に急須をぐるぐると10回回してから注ぐといいということですのでやってみました。

8207

飲むとはじめに爽やかな渋味を感じ、後味に甘さの余韻が残ります。
二口目以降ははじめの渋味も消え、甘さの印象だけ残る、美味しいお茶でした。
今まで煎茶ははじめ甘さがあり、後味が爽やかな渋味が美味しいとばかり思っていましたが、こちらもすごくいいですね。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)