深蒸しかぶせ茶の茶葉を見て淹れる

今日は深蒸しかぶせ茶を淹れるときに茶葉を見ながら美味しく淹れるポイントを探ってみます。

9414

深蒸しということで、粉が多いですね。

9415

大さじ2杯、急須に入れます。

9416

湯冷ましに移してしばらく置いたお湯を注ぎます。

9417

深蒸しなので茶葉が細かく、様子が良くわかりません。

9418

とりあえずすぐに廻し注ぎしてみましょう。

9419

急須の中はこのように。

9420

深蒸しは少し待つだけで渋味が出てきたり、濃くなるので出来るだけさっと出すのがポイントですね。茶葉の様子を見るというよりはスピードを重視した方が美味しく淹れられそうです。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)