抹茶-泡を細かくする

今日は抹茶を点てる時に泡を細かくするとどう味が変わるのかを調べてみます。

10041

茶さじ2杯の抹茶を茶碗に入れます。

10042

10mlの水を注ぎます。

10043

抹茶を溶かします。

10044

80℃のお湯を70ml。

10045

まずは茶筅の先が茶碗の底につくくらいで30往復。

10046

大粒の泡が表面に浮かぶので今度は表面に触れるくらいの高さまで茶筅の先を上げて泡が細かくなるまで前後に動かします。

10047

茶筅を浮かせてから120往復くらいしました。
泡が細かいと口当りがまろやかになります。
底に触れる程度の高さの時は泡全体の量を調節するイメージで、
茶筅の先を上げてからは表面に浮かぶ泡をつぶして細かくするイメージですね。
泡は多いともったりし、少ないと水っぽくなります。
口に含んだ時に泡と液体のバランスをどう取るかで茶筅の振る回数が決まってきますね。
まだ自分の中でのベストが見つかってないのでもうしばらくやってみます。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)