ほりせさんとこの煎茶を美味しく淹れる

今日は今年揉んだほりせさんとこの煎茶の美味しい入れ方を研究してみましょう。

10334

緑茶の発祥地、京都宇治田原の煎茶の荒茶です。

10335

お茶の葉を6g、急須に入れます。

10336

お湯の温度は70℃、量を170ml注ぎました。

10337

浸出時間は1分間で3杯に廻し注ぎしました。

10338

飲むと味が優しすぎてパンチがないので今度はお湯の温度を90℃にして270mlの量で淹れてみました。スッキリとした渋味が出て良くなりましたが若干薄かったです。なので温度はこのままでもう少しお湯の量を減らしたらいいでしょう。お菓子と合わせて飲みたい煎茶が出来ました。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)