かぶせ茶飲み比べ

今日はかぶせ茶の飲み比べをします。

かぶせ茶とは玉露や抹茶のように新芽が出てくる時期に覆いをするのですが、玉露や抹茶よりも短い期間遮光する事で玉露と煎茶の中間の味わいを出すお茶を指します。
これは静岡のやぶきた(2017年)。

淹れ方は煎茶と同じく5gのお茶に100ml、70℃のお湯で1分浸出しました。

今は煎茶でも覆いをする事も多いのでかぶせ茶ってかなり幅があるんですよね。
煎茶よりも渋いかぶせ茶や、玉露のようなかぶせ茶もあります。

こちらは八女のかぶせ茶。
品種は山の息吹(2017年)です。

少しこちらの方が青色っぽいですね。

やぶきたは優しい旨味があり、渋味も穏やかで飲みやすいです。
山の息吹はまろやかで旨味は自然な感じ、草の露っぽさもあります。

飲み比べると好みはあるのですが、一つだけで飲むとこれはこれでいいって思ってしまいますね。
その辺りのいい加減なところがお茶の面白いところですね。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)