焙じ茶飲み比べ

今日は焙じ茶の飲み比べをしましょう。

奈良の有機焙じ番茶です。

3gのお茶に90mlの熱湯を注ぎます。

こちらは静岡の焙煎茎茶。

これも3gを90mlの熱湯で。

こちらは宮崎の釜炒り茶の茎焙じ茶です。

そしてこれも3g、90mlの熱湯で。

色がそれぞれ違いますが、味もかなり違います。
有機の焙じ番茶はしっかり焙じてあり、香りも良く甘みもありとても美味しいです。
焙煎茎茶は緑茶風の焙じ茶で、香りは控えめですが青臭くなく飲みやすいですね。甘いものを合わせるととても良さそうです。
釜炒りの茎焙じ茶は焙じが浅めで、爽やかな風味です。後味がスカッとしてこれも美味しいですね。
ちょうど釜炒りが浅い焙煎で、有機の焙じ番茶が深い焙煎の美味しいラインだと分かったのでこの辺りにおさまるような焙じ茶を今後作っていこうと思います。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)