アメリカーノとドリップ、フレンチプレスの味の比較

01/31 [金]

今回の珈琲研究会@ロココはアメリカーノ(エスプレッソのお湯割り)とドリップ、フレンチプレスでそれぞれ味がどう変わるのかを調べてみます。
使用豆はケニア・カリンドゥドゥで、フレンチプレスは12グラム、200グラムのお湯で4分抽出しました。

1958

ドリップも12グラムで200グラムのお湯を注いで抽出します。

1959

エスプレッソは30ml,30秒を目安に抽出します。

1960

抽出した30mlのエスプレッソをお湯で割ります。
120グラム入れて合計150グラムのアメリカーノにしました。

1961

クレマが浮いていたんですが、お湯を入れることでほとんど消えました。
それでは、それぞれ飲み比べます。

1962

まずはフレンチプレス。
外観は濁ってますね。
飲んだ印象はかなり酸があります。

1963

これはドリップ。
外観はすごく透明感あります。
味にもそれが現れていてクリアです。が、ちょっと水っぽいかな。
豆の量が少なく、抽出時間もプレスに比べて短いのでしょうがないですね。

1964

そしてアメリカーノです。
外観はドリップとプレスの中間で、味もお湯の量が少ないと渋み、酸味があるのですが、ちょうどいいバランスになっていました。

お湯の量に気を配ればフレンチプレスよりアメリカーノの方が飲みやすく仕上げることができますね。ただ、ドリップのクリアさは出せません。これはエスプレッソは金属フィルターで抽出する関係上仕方ないですね。
今回、意外とアメリカーノも悪くないということがわかりました。

Pocket



この記事を見て飲みたくなったら「いいね!」をしよう!



What would you like to drink?(次は何を飲もう?)