ピンク色のロングカクテルに似合うカクテル飾りの研究

今日は液体の色がピンク色のロングカクテルの飾りをいろいろ試してみます。

6522

濃いピンク色でミクソロジー的なイメージで乗せてみました。
面白い見た目ですね。

6523

対比的に緑色でも。ただ、色や形は興味深いですが、香りがきついのでこのままでは使いづらいですね。

6524

スライスオレンジはピンクの液体に入れるとぼやけますね。スライスグレープフルーツの白や黄色っぽい方が合いそうですね。

6525

うん。なかなか「これ!」といったものがないので、これからもいろいろ試す必要がありますね。

濃い茶色(透明)のロングカクテルに似合うカクテル飾りの研究

今日は液体の色が濃い茶色(透明)のロングカクテルの飾りをいろいろ試してみます。

6512

まず液体の中には液体の色よりちょっと濃く見えるようにスライスオレンジを入れてみます。

6513

上に緑系のものを持ってきます。
今回はミントです。

6514

黄色(スライスグレープフルーツ)ではこんな感じになります。オレンジに比べ黄色はちょっと軽い感じですね。スライスライムでちょっと雰囲気を変えます。

6515

スライスパイナップルではこんな感じに。

6516

カットパインを横に切るとこんなユニークな形になります。

6517

ミントだけでもアリって言えばアリですね。

6518

上に集めてみました。アップルミントにスライスキュウリ、ブルーベリーに食用花(白、黄色)です。
うーん、ごちゃごちゃしてますね。。。

6519

ミントにスライスレモン、食用花(白)です。

6520

花を白から紫に。差し色があるだけでずいぶん印象がかわりますね。

薄い茶色(透明)のロングカクテルに似合うカクテル飾りの研究

今日は液体の色が薄い茶色(透明)のロングカクテルの飾りをいろいろ試してみます。

6507

あまりにも液体が透明だとおいしそうには見えないですね。

6508

グラスが長いと位置を固定できないのでカクテルピックを使って狙ったところに配置します。

6509

ピックの長さが長いものを使ってグラスの中で見せても面白いですね。

6510

ミントなどを中に入れて液体の中も複雑に見せる意識も必要ですね。

オレンジ色のロングカクテルに似合うカクテル飾りの研究

今日は液体の色がオレンジ色のロングカクテルの飾りをいろいろ試してみます。

6502

液体の色が濃いのでスライスオレンジを中に入れてもよくわからないですね。

6503

なので液体の上に飾るのが基本かもしれません。
緑はスライスキュウリをくるくる巻いてカクテルピックで留めてあります。

6504

オレンジ色にオレンジの皮だとぱっとしないですね。

6505

そこでスライスグレープフルーツの黄色を液面上に持ってくることでボリューム感を出してみました。
これをベースにいろいろ試していくといいかもしれませんね。

薄い黄色のロングカクテルに似合うカクテル飾りの研究

今日は液体の色が薄い黄色のロングカクテルの飾りをいろいろ試してみます。
まずは背の低いロックグラスで作ってみます。

スライスキュウリを巻く時は背の高いグラスだと上から下まで巻けないので低いロックグラス似合いますね。ただ、意外と巻くのが難しく時間がかかることと、黄色だとキュウリの緑とのコントラストが出にくくなります。

6475

大葉を使うと和風なイメージになります。

6476

背の高いグラスでもいろいろやってみましょう。
ブルーベリーはピックに刺すと沈まないので見栄えを出しやすいですね。

6477

緑色をミント、紫色を花に変えてみます。
中の黄色はスライスグレープフルーツです。

6478

液体の色が薄い黄色は白に近いので同じ黄色、緑、紫の組み合わせでも合いますね。

6479

緑色で他の素材を合わせるとまた印象も変わってきます。

6480

白の液体に比べて黄色が少し入っているのでスライスオレンジでも違和感なく組み合わせれます。

6481

紫の花の代わりにブルーベリーにしてみるとちょっと重たい印象です。そこで、、

6482

パウダーシュガーをかけることで統一感を出します。
雪が積もっているようにも見えてこれだけでずいぶん印象が変わりますね。

白いロングカクテルに似合うカクテル飾りの研究

いろんな食材を集めて何をするかというと、カクテルに似合う飾りを探します。
今日はロングカクテル、液体の色は透明~白色をイメージしています。

6461

カットパインを薄くスライスしてドーナツ型にして、中の穴のところにレモンスライスを合わせてみました。時計盤みたいですね。

6462

黄色で単調なので緑を差し色に。パイナップルに合わせてパイナップルミントを。
何かコミカルな印象ですね。

6463

今度はスライスグレープフルーツにミントと食用花を。黄色のグレープフルーツ、差し色の緑、アクセントに紫を入れると爽やかな感じに。

6464

レモンやライムなど大きさが小さい場合は飾りを上に集めた方がより印象深くなります。ライムの緑に同系色のミントはボリュームがありすぎたのですっきりとした印象のレモンタイムを。心なしか和的な印象も受けます。

6465

黄色+緑+紫はバランスよくオススメですね。
黄色はグレープフルーツやレモン、パイナップルなど、緑はライムやハーブ類から選ぶといろんな組み合わせが考えられるので面白いです。
今回はただ見た目から判断していますが香りや液体の味への影響などで素材、大きさ、使い方が自然と決まってくるように感じます。