粉末茶をいろはすりんごで割る

今日は粉末茶をジュースで割ってみましょう。

いろはす手摘みふじりんごをグラスに200ml注ぎます。

粉末茶の煎茶とほうじ茶をグラスに入れます。
煎茶は1g、ほうじ茶は2g入れました。

りんごの風味がしっかりあるので煎茶も渋味は少しあるけれど美味しかったですね。気持ち減らして0.5g程度にしてもいいのかもしれません。ほうじ茶もすっきりとして飲みやすかったです。

粉末茶をスパークリングウォーター炭酸水ジンジャーで割る

今日は粉末茶をジュースで割ってみましょう。

粉末茶の煎茶とほうじ茶をグラスに入れます。
煎茶は1g、ほうじ茶は2g入れました。

スパークリングウォーター炭酸水ジンジャーを少しずつ注ぎます。

この炭酸は甘みが無いのでバランスを取るのがなかなか難しいです。
ジュースとして考えると甘さが必要ですね。

粉末茶を三ツ矢サイダーで割る

今日は粉末茶をジュースで割ってみましょう。

粉末茶に炭酸は泡があふれるので今回は先に粉末茶を入れます。

少し三ツ矢サイダーを注ぐだけで泡だらけです。

少しずつ注ぐと何とか上まできました。

ほうじ茶もご覧のとおり。
泡をスプーンですくいながら注ぎ足します。

煎茶は炭酸入りのグリーンティーのようで美味しいです。
ほうじ茶も甘さが目立ちますが悪くないですね。

粉末茶をいろはす炭酸水で割る

今日は粉末茶をジュースで割ってみましょう。

ジュースはいろはす炭酸水まるごとれもんを使います。

煎茶の粉末茶を1tsp入れると泡があふれてこぼれてしまいました。
しばらくすると泡が落ち着いてきたんですが、炭酸に粉は要注意ですね。

ほうじ茶も泡がすごかったです。
ただ、味はどちらも良かったので何とか泡があふれる対策を考えないといけませんね。

粉末茶をヨーグリーナ天然水で割る

今日は粉末茶をジュースで割ってみましょう。

ジュースは乳酸菌ヨーグリーナ&天然水を使います。

煎茶の粉末茶は1tsp入れました。ほうじ茶の粉末でも作ってみましょう。

煎茶は少し苦味がヨーグリーナの味とあってなかったですが、ほうじ茶は甘みがありこれはお茶のジュースとしてありだと感じました。

粉末茶をグリーンダカラで割る

今日は粉末茶をジュースで割ってみましょう。

ジュースはグリーンダカラを使います。とりあえず200mlグラスに注ぎます。

煎茶の粉末茶は1tsp入れました。ほうじ茶の粉末でも作ってみましょう。

煎茶ははじめに甘く、後味は苦味が少し感じられました。
1tsp程度では2gちょいなので煎茶は1g程度でもいいのかもしれません。
ただ、これはどちらも飲みやすく、暑い日などで使えますね。

俺ん家トニック

今日は美味しいみかんジュースを使ったノンアルコールカクテルを作りましょう。

みかんを絞ったままの俺ん家ジュースを氷を入れたグラスに半分注ぎます。

トニックウォーターで満たします。
これで完成。

オレンジジュースをトニックで割るとファンタオレンジみたいになりますが、これは後味がみかんなのでまた違った味わいの炭酸ジュースになります。
うん、美味しいです!

俺ん家ジュースとみかん生絞りとの違い

今日は美味しいみかんジュースの味は生で絞ったジュースの味と違うのかどうかを調べてみます。

俺ん家ジュース
ここしばらく飲んでいますが、みかんのコクがあり美味しいですね。

ではみかんをそのまま絞ります。
とりあえず皮のまま量ると1個で140.6gありました。

皮をむいた状態で112.4g。この後3房ずつ位で絞っていきます。

絞った状態で81.1g。
1個140gで80g程度のジュースが絞れました。
上の写真はみかん2個分のジュースです(はかりの表示は1個分)。

生絞りはオレンジ色が濃く、気持ち透明感はありすっきりと美味しいです。
俺ん家ジュースと比べても違いがはっきりと分かりました。

ジュースのまま飲むのならみかんを生で絞ったほうが美味しいと感じました。

ただ、お酒を入れるとなぜか逆転し俺ん家ジュースはしっかり甘みを伴う美味しさが出ていたのに対し、生絞りは水っぽく、単調な味わいになってしまいました。
生絞りでカクテルを作る場合、シロップなどで甘みをたしたほうがバランスがいいのかもしれませんね。

カンパリオレンジとカンパリ俺ん家

今日はカンパリオレンジのオレンジをみかんジュースに変えると味がどう変わるかを調べてみます。

カンパリとオレンジの割合は1:4で。

オレンジは1個半程度絞ったジュースを使います。

そして、比較用に美味しいみかんジュースの俺ん家ジュースで割ってみます。
こちらの方が黄色が濃いですね。

オレンジの生絞りは水分が多いのか透明感があり色も赤っぽく、カンパリの苦味もしっかり感じられますね。
俺ん家ジュースはみかんのコクがあり、飲んだ時に甘みが勝ってジュースのような味わいです。日本風のカンパリオレンジとしてこれは面白いですね。

俺ん家ジュースに合わせるウォッカは?

今日は美味しいみかんジュースでカクテルを作る時に合わせるお酒は何がいいのかを調べてみます。

使うのはこちら。俺ん家ジュースという、絞り方にこだわった和歌山のみかんジュースです。

ウォッカはスタンダードなもの1つとプレミアム2種で作ります。

ウォッカとジュースの割合は1:4にします。

酸化防止剤などを使っていないので開封したらすぐに使わなければダメですが、素材にとことんこだわったジュースを生かせるのはどのウォッカなのでしょうか。

スミノフはアルコール感が感じられる仕上がり、グレイグースはジュースそのままでアルコールを感じさせずアルコールを添加させる仕上がり、シロックはフルーティーさが強調される仕上がりになりました。

やはりプレミアムウォッカと言われるものの方がアルコール感を感じさせずに作ることが出来るので高級ジュースには合いますね。また、カクテルという視点から見ると素材そのままで仕上げるより新しい味を創造した方が面白いので今回はシロックで作ったカクテルが一番いいと感じました。