Aged Coffee~寝かせたコーヒー豆

06/07 [金]

オーストラリア・メルボルンに旅行に行ってた方から珍しいコーヒーをいただきました。

0403

インドネシア・マンデリンですが、ラベルをよく見ると・・・

0404

2006って書いています。今は2013年、7年間!!寝かした豆を焙煎したものです。

0405

AgedCoffeeの特徴は酸味が抑えられボディが豊かになるということなんですが、
反面経年劣化による豆の品質低下が見られるのも多いとのことです。
保管技術が難しいんでしょうね。
コーヒー農家も出来るだけ現金化したいからAgedCoffeeそのものが少ないんです。
そういう意味で希少なコーヒーといえるでしょう。

0406

さぁ、ドリップで抽出してみましょう。

0407

0408

抽出は特に問題ありませんね。

0409

AgedCoffeeというのはOldCoffeeとは違い、より豊かな風味が特徴です。
香りは目立ってあるわけではなく、ひっそりとたたずんでいるやさしい味わいが感じられました。
長い年月、どういう場所で寝かされていたんだろうなぁって妄想が膨らみます・・・

0410

Pocket



この記事を見て飲みたくなったら「いいね!」をしよう!



What would you like to drink?(次は何を飲もう?)