コーヒーマイスターが山のコーヒーのことを本気で考えてみた (5)

09/30 [水]

今日は野外で飲む場合のカップについて考えてみましょう。

7102

アウトドアと言えばこういうステンレスの軽いマグカップが思い浮かべるんじゃないでしょうか。
これは二重構造で冷めにくくなっている優れものです。

7103

キャンプなどではプラスチック製のカップが扱いやすく、また重ねられるので荷物がかさばらないのも悪くないですよね。

7104

いろんな色があると自分のカップがどれか間違えにくいのもポイント高いです。

7105

難点をいうと見た目がカジュアルなので高い豆を使ってもそれ相応の雰囲気が出ないと言う事でしょうか。

7106

紙コップは使ったら捨てられるので楽ちんですね。
コーヒーなど熱いものを入れる時にはこのように重ねないと熱くて持てないです。
これも無地だと試飲用のカップみたいで高級感が出ない弱点があります。
ちょっとシンプルすぎるのでスタンプやシールなどで飾りつけした方がいいかもしれません。

7107

比較用に陶器のカップを。コーヒーを美味しく飲むなら陶器が一番ですが、重く、割れやすいので持ち運びには適さないです。

7108

見た目の雰囲気だと山登りにはステンレスカップ、家族のキャンプにはプラスチックカップかな。
紙コップは街のコーヒー屋さんのテイクアウトのイメージが強いです。。

Pocket



この記事を見て飲みたくなったら「いいね!」をしよう!



What would you like to drink?(次は何を飲もう?)