Augasta 7-100%ジュースか生絞りか

07/04 [月]

今日は大阪のバー・オーガスタの品野氏のオリジナルカクテル、オーガスタセブンを作る時にパイナップルジュースを100%ジュースにするべきか、それとも生のパイナップルを搾って作るべきか、どちらがいいのかを調べてみます。

10049

まずはパッソアを45ml、シェーカーに注ぎます。

10050

パイナップルジュースを100ml。
まずは100%ジュースを使ってみます。

10051

レモンジュースを15ml。

10052

氷を入れシェークして、氷の入れたグラスに注ぎます。

10053

今度はパイナップルをカットして搾ったジュースでカクテルを作ります。

10054

見た目は100%ジュースでも生絞りでも変わりはありませんね。

10055

100%ジュースは泡が多く、舌に甘さが残ります。
対する生絞りは泡立ちが少なく、すっと体に入っていきます。飲み比べると生絞りの方が舌に残らない分、上品で美味しいですが、100%ジュースでも問題ないですね。
まぁ、味を追求するなら生絞りで決まりですね。

Pocket



この記事を見て飲みたくなったら「いいね!」をしよう!



What would you like to drink?(次は何を飲もう?)