地方独自のお茶

ここでは地方色豊かなお茶を研究します。

京番茶はいわゆる番茶とは作り方が違い、大きくなった葉を枝ごと蒸して天日などで乾かし、炒る京都のお茶です。
京番茶-お茶の葉の量による味の違い
京番茶-お湯の量による味の違い
京番茶-お湯の温度による味の違い
京番茶-浸出時間による味の違い
京番茶-やかんと急須の味の違い
京番茶-水道水を沸騰させる時間による味の違い
京番茶-ミネラルウォーターによる味の違い
京番茶を一杯だけ淹れる
京番茶-急須の材質
京番茶の美味しい淹れ方(movie)
Japanese Tea(KYOBANCHA)-京番茶
京番茶に合うお菓子
熱湯氷出し京番茶
ブレンド茶(京番茶・玄米茶)
玄米茶-京番茶と玄米
ブレンド茶(番茶・京番茶)
ブレンド茶(焙じ茶・京番茶)
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+レモングラス(フレッシュ)
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+カルダモン
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+クローブ
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+シナモン
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+スターアニス
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+ローズマリー
日本茶フレーバーティーを作る:京番茶+唐辛子
京番茶 飲み比べ
お茶パックで淹れる-京番茶
エアロプレスで京番茶を淹れる


6828

碁石茶とは高知県大豊町で作られる発酵茶です。
碁石茶を美味しく淹れる
碁石茶を洗茶で淹れる
碁石茶を煮出して淹れる


6829

阿波晩茶とは徳島県で作られる後発酵茶です。
阿波晩茶-お湯の量による味の違い
阿波晩茶-お湯の温度による味の違い
阿波晩茶-浸出時間による味の違い


長野県で黒豆茶なるお茶を買ってきました。
黒豆茶を美味しく淹れる
黒豆茶を美味しく淹れる (2)


7476

石川県には加賀棒茶と呼ばれるほうじ茶があります。
加賀棒茶を美味しく淹れる
ほうじ茶比較
加賀棒茶を焙じてみると

和歌山県に昔ながらの製法で作る本宮茶というのがあります。
本宮茶
本宮茶を粉末にする

碁石茶を煮出して淹れる

碁石茶のお勧めの淹れ方で煮出しがあります。
今日は煮出し茶として碁石茶を淹れましょう。

6142

何度見ても「これがお茶?」というインパクトがありますね。

6143

やかんに水を1リットル入れます。

6144

沸いたら碁石茶を3g入れて、、、

6145

10分煮出します。

6146

10分経てば出来上がり。

6147

10分経った直後でもかなり薄めで急須で淹れたときのような酸味がかなり抑えられています。
味をもう少し濃くしたかったので冷めるまでお茶の葉を入れたままにしておきましたが、それでもそんなに濃くなりませんでした。水分補給としたらこのくらいの濃度が飲みやすいと思います。

碁石茶を洗茶で淹れる

今日は碁石茶を洗茶してから淹れましょう。
洗茶とは中国茶などで行われる茶葉の埃を落とし、茶葉を蒸らすことです。

6135

碁石茶は発酵させてから天日で乾かすので茶葉が硬く重なり合っています。

6136

大きな一かけ、5g急須に入れます。

6137

熱湯を170ml注ぎます。

6138

30秒経ったら一度グラスなどに捨てます。

6139

再度熱湯を170ml注ぎます。
このように一度洗茶することで茶葉がやわらかくなり、浸出しやすくなります。
30秒経ったら茶碗に注ぎます。

6140

左が洗茶後の二煎目、右が三煎目です。
三煎目の方が浸出時間を少し長くした分色が濃いですが、
二煎目の方が酸味が強いですね。レモンティーのようです。
個性がある味ですが、一煎一煎味が変わるので面白いですね。

碁石茶を美味しく淹れる

今日は高知県大豊町の碁石茶を淹れましょう。

6128

これが碁石茶です。形が碁石に似ていることから名付けられています。お茶の葉を蒸してからむしろの上で発酵させ、桶につけこんでさらに発酵させて作ります。

6129

横から見るとこんな感じ。
大豊町碁石茶協同組合の美味しい飲み方で淹れてみましょう。

6130

3gの碁石茶に熱湯を350ml、浸出時間は4分です。

6131

注ぎ分けます。

6132

まだ形はそのまま。二煎、三煎と飲めますね。

6133

漢方ですね、これは。
冷めてくると飲み口に酸味を少しだけ感じます。健康に良さそうですね。
香りが独特でこれが苦手な方が多そうです。
手前はお湯の量を240mlと少し濃い目に淹れました。
すると色は薄いですが、酸味が前に出てきました。レモンティーというかどちらかというとお茶に梅干を入れたような酸味です。味はあっさりしているのでなかなか面白いですね。