蒸し製玉緑茶の茶葉を見ながら淹れる

今日は蒸し製玉緑茶のお茶の葉を見ながらお茶を淹れましょう。

9148

玉緑茶は煎茶の仕上げ工程である精揉機に入れないのでお茶の葉がまっすぐ伸びずに丸く曲がっているのが特徴です。これは最後に釜炒りした仕上げを使っているものです。

9149

小さじ2杯の茶葉を急須に入れます。

9150

湯冷ましから茶碗に八分目注いだお湯を2杯、急須に注ぎます。

9151

お湯を注いだ直後の状態。
しばらくすると、、、

9152

お茶の葉が開いてきました。
この茶葉は細かいのですぐに開きます。

9153

さらに置くと色がちょっと浅くなってきました。
蓋をして注ぎます。

9154

2杯に廻し注ぎします。

9155

飲むとちょっと濃く出すぎて苦味が気になりました。
そこで二回目は開いたなと思ったらすぐに注いで見ると、色がきれいですが味は薄くなりました。
それで三回目は開ききった瞬間にここだと注ぎました。

飲むと渋い。なかなか難しいですね。

これでは遅いので四回目は開ききる前に注ぎます。
もうすぐ開ききるというところで注ぎます。

渋味が抑えられて飲みやすい。
でも甘みはそんなにないのでこのお茶自体で満足するというよりはお菓子と合わせて飲むといい塩梅になる味でした。

どんなお菓子を合わせよう?
そう想像させる楽しみを持つお茶ですね。

蒸し製玉緑茶・釜炒り製玉緑茶(釜炒り茶)

煎茶の工程の最後の精揉工程(細く伸ばす)がなく、曲がった状態のお茶を玉緑茶と呼びます。
玉緑茶(蒸し製、釜炒り製)


生葉を摘んだ後、蒸してから作るのが蒸し製玉緑茶、グリ茶です。
蒸し製玉緑茶(並)-お茶の葉の量による味の違い
蒸し製玉緑茶(並)-お湯の量による味の違い
蒸し製玉緑茶(並)-お湯の温度による味の違い
蒸し製玉緑茶(並)-浸出時間による味の違い
蒸し製玉緑茶(並)の美味しい淹れ方(movie)
蒸し製玉緑茶の茶葉を見ながら淹れる


6821

生葉を摘んだ後、釜で炒ってから作るのが釜炒り茶(釜炒り製玉緑茶)です。
釜炒り茶-お湯の量による味の違い①
釜炒り茶-お湯の量による味の違い②
釜炒り茶-お湯の温度による味の違い
釜炒り茶-浸出時間による味の違い