番茶-浸出時間による味の違い

今日は番茶の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
浸出時間による味の違いを見ます。

5279

番茶は安いので手軽ですね。

5280

お茶の葉の量は3人前9g入れます。

5281

お湯の量は330ml。お湯の温度は沸騰直後です。

5282

浸出時間は30秒、1分、1分30秒で比較をします。

5283

左から30秒、1分、1分30秒です。
30秒は後味が甘く、渋味もありません。
1分になるとちょっと後味に渋味を感じます。
1分30秒でもものすごく渋いというわけじゃないですが、甘みがなくなっているのでバランスが悪いです。また、のどに引っかかる感じもあるので、浸出時間は30秒程度が適当でしょう。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)