かぶせ茶を美味しく淹れる-その3

今日はかぶせ茶の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
かぶせ茶は煎茶に比べると茶園に覆いをしなければならないので手間がかかりますが玉露に似た風味になります。

5328

前回まで煎茶の淹れ方でやってましたが、もっと玉露寄りの淹れ方にしてみます。

5329

お茶の葉の量は変わらず6g。

5330

濃くするためにお湯の量を90mlにします。お湯の温度は70℃。浸出時間は1分間。

5331

同じ条件でお湯の温度を80℃でもやってみます。

5332

左が70℃、右が80℃です。
70℃は量が減った分、いい濃さになりました。甘さも上品に出ています。
80℃では色も味も濃かったです。好みによりますが、私は70℃がベストだと感じました。

結論としてこのかぶせ茶は6g、70℃のお湯を90ml、浸出時間を1分間が一番美味しかったです。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)