Manhattan-ウイスキーの種類

10/17 [土]

マンハッタンを作るとき、ベースのウイスキーは、ライウイスキーを指定している時や、ライウイスキー、またはバーボンとしている時、さらにカナディアンウイスキーを使用することもあるということでベースのウイスキーを変えて味を比較してみます。
まずはライウイスキーで。

7313

レシピはウイスキー40ml、スイートベルモット20ml、アンゴスチュラビターズ1ダッシュ、ステアして冷やしたカクテルグラスに注ぎ、マラスキーノチェリーを飾る、これで作ってみます。

7314

ウイスキーが感じられるようにレモンピールはなしで、ベルモットとのバランスを見るためにこのレシピで作っています。

7315

次にカナディアンウイスキーで同じように作ります。

7316

そしてバーボンでも。

7317

それぞれのウイスキーの特徴が出ていて、カナディアンウイスキーを使ったものは飲み口がライトで後味にピリッとした辛みを感じます。これが一番スイートベルモットの味が感じられました。
バーボンを使ったものは甘さがあり、華やかな印象です。バーボンが好きな人には良いですね。ライウイスキーはマラスキーノチェリーをかじった時の甘さとのバランスが良いのでこちらもおすすめです。

Pocket



この記事を見て飲みたくなったら「いいね!」をしよう!



What would you like to drink?(次は何を飲もう?)