焙じ茶-水道水の沸騰時間による違い

今日は焙じ茶の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
水道水を使うときにどのくらい沸騰させる時間を取ったらいいのかを比べてみます。

4973

お茶の葉の量は9g。

4974

お湯の量は390ml、お湯の温度は沸騰直後の95-100℃です。浸出時間は30秒。

4975

廻し注ぎをします。分量は3人前です。

4976

お湯は沸騰させてすぐのもの、5分間沸騰させたもの、10分間沸騰させたもので比べてみます。

4977

左から沸騰させてすぐ、5分間、10分間沸騰させたもので淹れた焙じ茶です。
沸騰させてすぐはちょっととんがった味、5分間沸騰させたものは角が取れている味、10分間沸騰させたものはさらにまろやかになりました。
まろやかになるというのは個性がなくなり、飲みやすくなるので沸騰させてすぐのお湯で淹れたお茶がちょっとパンチが効きすぎているのであれば5分間沸騰させてからのお湯を使うのがいいでしょう。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)