番茶-お湯の温度による味の違い

今日は番茶の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
お湯の温度による味の違いを見ます。

5273

青柳ともいいます。

5274

お茶の葉の量は3人前9g。

5275

お湯の量は330ml、お湯の温度を沸騰直後(やかんのまま)、90℃(1回移しかえる)、70℃(何度か移しかえる)で比べてみます。

5276

浸出時間は30秒。

5277

左から70℃、90℃、沸騰直後です。
70℃で30秒だったらやはりほとんど出ません。
90℃でも30秒はすこし薄めですね。
番茶はしっかりと熱いお湯で淹れるといいことがわかります。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)