ほうじ茶の茶葉を見て淹れる

今日はほうじ茶を淹れるときに茶葉を見ながら美味しく淹れるポイントを探ってみます。

9408

かりがね(茎)のほうじ茶ですね、これは。

9409

軽いので大さじ5杯くらい入れた後に熱湯を土瓶の上のほうまで注ぎました。

9410

かりがねのほうじ茶なので葉がよれているわけでもなく、お茶の葉の変化はわかりませんでした。なので、お湯を注いで少し落ち着いたと思ったらもう回し注ぎします。

9411

結構大雑把に入れました。
美味しくできたかな?

9412

うん、ちょうどいい感じで出てました。
お茶の葉の量やお湯の量など多少の誤差があっても大丈夫そうです。
熱いお湯でさっと出す、これがポイントです。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)