White Lady-振る大きさ

07/17 [金]

今日はシェークするストロークの大きさを変える事でどう味に影響するかを研究します。

6168

作るのはホワイトレディ。

6169

ドライジン30ml、ホワイトキュラソー15ml、レモンジュース15mlをシェークします。

6170

大きく2段振りをやってみました。41往復で霜がつきました。

6171

今度は小さく2段振り。こちらは55往復で霜がつくくらいでしたね。

6172

大きく振ると早く冷えますが、混ざりが荒い気がします。
細かく振るとより細かい泡が生まれ、カクテルの味の一体感が出てきますが、冷えるのは今のところ大きく振る方が早いです。

初めは大きく、そして徐々に細かく振るのもいいかもしれません。
最短距離でよく混ぜてキリッと冷やす。
いいシェークのイメージが徐々に生まれてきました。

カクテル研究一覧はこちら

Pocket



この記事を見て飲みたくなったら「いいね!」をしよう!



What would you like to drink?(次は何を飲もう?)