Gin Buck-ジンジャーエールの種類

今日はジンバックを作る上でジンジャーエールの違いによる味の違いを調べてみます。

7490

レシピはドライジン30ml、ジンジャーエール90mlを注ぎ、1/8カットレモンを絞り入れます。

7491

ウィルキンソンの辛口ジンジャーエールです。そのまま飲むと飲めないくらい、後味に辛さがガツンときます。

7492

ウィルキンソンの赤。茶に比べて辛くないのですが、こちらがドライジンジャーエールと書かれてあります。甘くないので、そのドライという意味でしょうね。

7493

カナダドライのジンジャーエールです。3つの中では一番甘さを感じます。

7494

ウィルキンソンの茶はアルコールが強いとその辛さとバランスが取れてきます。
ただ、どうしても後味に辛さが残るので男っぽい、ガツンと来るカクテルに仕上がります。悪くなんですが、辛さの刺激は覚悟しなければなりません。
ウィルキンソンの赤は市販のレモンジュースのような味が感じられるのでこのカクテルにはう~ん、どうなんでしょう。カナダドライも悪くないんですが、すごくおいしい!他はもういい!というレベルではなかったのでジンバック用に自作のジンジャーエールを作るといいのかもしれませんね。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)